« 光ファイバーで節約 | トップページ | ジェネリック医薬品 »

2006年1月26日 (木)

ひかり電話とNTTカード払い

ひかり電話になりました。♪光る電話〜です。
実際は、以前の電話をそのまま使えるわけですが。

実際に使ってみると、エコーが(携帯との場合だけかも?)。自分の発した「もしもし」が1秒後ぐらいに聞こえました。気にならないと言えば気にならないですが、機嫌が悪いときはどうでしょうか。

また、かけられない番号があるのはあまりよくないところ。
NTTのスマイル活動によると平成18年度春に117(時報)、秋には0570(PPVやチケット予約などで使われている)も可能になる予定みたいです。

同じページに「NTT料金のクレジットカード払いを18年度中に開始できるようにする予定です」という回答もありました。以前は「情報料などの他社債権を含むので難しい」という言い訳でしたね。メリットはカード会社のポイントの対象にできたり、口座引き落としをまとめられることかな。
現在も口座引き落としだと郵送の請求書から@ビリングにできるのですが、加入電話の場合と違って割引はないですし、直接的な節約には繋がらないのが残念。

 

IPTV1-TEL(WW) フレッツフォン VP1000(ホワイト×ホワイト) IPTV1-TEL(WW) フレッツフォン VP1000(ホワイト×ホワイト)

販売元:東日本電信電話
Amazon.co.jpで詳細を確認する

フレッツだと↑のようなテレビ電話(フレッツフォン)が導入できるんですが、正直微妙です。孫の顔を見せるというようなことならあるかもしれませんねぇ。
ただそこは、お役所NTTらしくテレビ電話は「それなりの通話料」が設定されているので、無料で使えるiChat+iSightのようなPC上のものがやっぱり得…。

|

« 光ファイバーで節約 | トップページ | ジェネリック医薬品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/14264/508313

この記事へのトラックバック一覧です: ひかり電話とNTTカード払い:

« 光ファイバーで節約 | トップページ | ジェネリック医薬品 »