« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月 3日 (金)

空気で洗う洗濯機

へー[今日のいいこと??]

洗濯ですよ。この時期は洗った洗濯物が冷たくて。
この時期に限らず「干す」のがとても面倒で、心の底では洗濯乾燥機に大変あこがれています。
実際、花粉などのこともあって、洗濯室(兼脱衣所&洗面所)に棒を突っ張って、除湿乾燥器で乾かしてます。一晩で乾くし、しわにもなりにくいのはGood。

洗濯物を放り込めば乾いて出てくる洗濯乾燥機は、広告でも「節水」なども謳っていてエコロジーなはずなんですが、実際はどうなんでしょう。

ドラム式洗濯機は反エコ製品か?[ukiukiせっけんライフ] によると、乾燥機能まで含めると電力は20倍以上、使用水量は洗濯時は少なくなっているものの乾燥時にも水を使うために結果的には同じくらいのようです。消費生活センターも厳しい評価(※注・2004年の評価です)。

もちろん、手間がかなり減るというメリットはもちろんあるんですが、乾燥までの電気代は3kWh(約70円)。週3回洗濯したとして月1000円ぐらい。洗濯機だけだとその5分の1の約600Whで、外に干せば太陽熱はタダです。発熱して乾燥させる以上は、仕方ないんだろうか。

02_01_awdaq1_w 今回、三洋電機が発表したのは空気で洗う洗濯機[ITmedia]。
水量は以前の機種の100L(2004年ぐらいの節水洗濯機)の半分で50Lとかなりの節水。中で水を浄水しながら使う「アクアループ」。もちろん乾燥機能でも水は使うのですが、洗濯で使った水を再利用するようです。すごい。ただし、電気使用量は乾燥までで2.7kWh。商品価格は26万円。むむー。節水分がちゃらになりそうです(もちろん節水=お金の問題だけじゃないんですけども)。

Navr1000g_41960_1 電気代の面ではヒートポンプ式がよさそうです。
ナショナルななめドラム洗濯乾燥機 は水量も65Lで、電気代も1.8kWh。なかなかです。ヒートポンプは除湿器に近い仕組み。
乾きも早いし、電気代も安い。価格.comでは165,000円。

洗濯専用機(っていうのか?)はかなり安くなって2,3万円になってしまっているので、あとはこれだけの金額を出す価値があるかということですね(例えば、忙し〜とか、外にはどうしても干せないとか)。

僕はまだしばらく除湿乾燥機を使うことになると思いますが、ぜひぜひ電気代もエコな洗濯機を楽しみにしてます(ソーラー発電洗濯乾燥だったらアレですが)>三洋電機様。世界一エコな電機メーカーになって欲しいなぁ。応援。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »