« 神楽坂から神田までどう行く? | トップページ | エアーウォッシュってそういうことか。 »

2006年3月19日 (日)

PSE問題とうちのテレビ

PSE問題。気になりますね。

2000年にテレビとミニコンポを買ったのですが、マークがないのでこれも対象のようです。
僕が新しいテレビを買おうと思ったら、廃棄(電気店にお金を払って引き取り)ということになるんでしょうか。・・・やっぱりテレビは壊れるまで使うべきですね。地上アナログ放送だって2011年までやっているわけですし、それまでにはおいおい壊れるでしょう・・・。

短期的には買い換え需要にも多少影響があるかなぁなんて思ったりもします。
「新しいテレビ買おうか。で、今のテレビどうする?」という時に売ることができない、つまり廃棄するのがいやなら、買うのやめるになるということでしょうか。

実家のテレビは去年壊れました。
ちょうど10年前のブラウン管のワイドテレビ(16:9)ですが、末期にはシネスコサイズ(1:2.4)ぐらいまで映像が圧縮。電器屋さんは部品を交換すればこの症状は治るけど、すぐに別の部分が壊れるかもという話で。3万円の修理でその後1年持つ保証もないわけです。うーんと考えて、新しいテレビにしたようです。

そんな風に、すべてのテレビが10年で壊れてしまうのであれば、ちょうど2011年には2001年以前のテレビは存在しないので問題がない・・・と考えたんでしょうか。

電器メーカーの景気は大型&薄型テレビの需要にかかっているようですし、放送業界としても地上&CS&BSデジタル対応機器というのは売れて欲しいはず。
経済産業省はその辺を考えたはずですし、大した影響もないかもしれません。

もちろん、みんなが環境のために、2001年以前製造で壊れていない電化製品の買い換えはやめるかもしれません。それって悪いことではないのかも・・・。
ここはポジティブに考えることにしましょうか。

|

« 神楽坂から神田までどう行く? | トップページ | エアーウォッシュってそういうことか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/14264/1093495

この記事へのトラックバック一覧です: PSE問題とうちのテレビ:

« 神楽坂から神田までどう行く? | トップページ | エアーウォッシュってそういうことか。 »