« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

定期券を先まで買ってみる。

僕が普段使うのは南行徳−神楽坂。
ただし、会社が神楽坂と早稲田の中間(中間地点より早稲田寄り)なので、両方の駅を使います。この場合の定期券は、1ヶ月8500円。

同じ島(?)の中で何かと妙典(買い物)と行徳(市支所・図書館・病院)に行くことがあります。また、西船橋や高田馬場でJRに乗り換えることもよくあります。

定期の場合は、乗り越し区間の料金を払うので、高田馬場から早稲田の160円とか、南行徳と行徳の160円、西船橋までの190円などは勿体ない。

高田馬場−西船橋の定期券は1ヶ月8,680円で差額180円。行徳との往復(320円)で元が取れます。

中野以西に行くことがあまりないので高田馬場で止めていたんですが、中野−西船橋でも1ヶ月8,760円なので、差額260円。ここまで買っても損ではないかも。
また1ヶ月ごとに買い換えていたんですが、3ヶ月定期にしてみようかな(紛失時の心配が増えるんですが・・・)。3ヶ月で1300円ぐらいの得ですし。節約節約。

※たぶんSuica互換のPASMOになると紛失時も保証が効くはず。来年3月が待ち遠しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の電気使用量(電:9755)

今日のメーターは9755。前日差は8kWhです。

税込み8000円の電気代を実現するためには、残りの11日間は90kWh、つまり1日あたりでは約8KWhを目標に節約していこうと思います。

月途中から節約を始めたので、しわ寄せが来ていますが、来月以降は370kWhを30日で割った、1日あたり12kWhを目標にすればOKということになります。

ちなみに昨日から今日にかけては、ご飯を炊きましたし、電子レンジもかなり使いました(結構お茶を温めるので)。テレビも平日よりは見ているので、12kWhならそれほど難しくなさそうです。

- - -

参考に、先月の電気料金をもとに、金額から電気代を逆算してみました。
基本料金は30A780円で、目標電気料金は消費税込です(燃料費調整は入れてません)。

目標電気料金使用量1日の目標
2,000円 75kWh 2.5kWh
3,000円 134kWh 4.5kWh
4,000円 182kWh 6.1kWh
5,000円 230kWh 7.6kWh
6,000円 279kWh 9.3kWh
7,000円 325kWh 10.8kWh

30A契約の場合ですので、20A契約(520円)の場合は260円づつ安くなります。

2,000円の場合、2.5kWhを24時間で割ると100Whですから、100Wの電球を24時間付けっぱなしにしただけでだめか。うーん現実的でない。旅行にでも行けばこんな感じかな・・・。

だいたい5,000円が妥当なラインでしょう、1人暮らしだと。僕も昔はそのくらいだったような気もします。

ただうちは不在時にメーターが1分間3回転している=7.14W=1時間に428Wh使っているようで、1日10.3kWhとなり必ず月7,000円以上は行く計算になります。あ、今日の使用量と計算が合わない。うむむ。

- - -

これ以外に燃料費調整があり、最近は石油高騰もあって1kWhあたり1.28円(先月まで)です。300kWhの場合、384円が通常の計算による電気代に加算されるわけです。

それから、うちの弟は知らなかったらしいのですが電気やガスには「遅収料金」があります。支払い期限過ぎた場合、翌月電気代に前月の電気代の3%を加算して徴収(4月に10,000円だった場合は5月の電気代と一緒に300円が加算)。たかが3%、されど3%。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東西線経由の運賃

南船橋にIKEAが誕生。大盛況のようですね。
このGW中にぜひ行ってみたい。

さて、その南船橋。西船橋から1駅ですがわりと駅間が長く5.4kmで150円。東京BAYららぽーとなどもありますね。

で、例えば、三鷹からJRで南船橋まで乗る場合は、780円。これは中央総武を使った場合の料金。このルートは東西線を経由することもできるので、その場合は三鷹−中野160円・中野−西船橋300円・西船橋−南船橋150円で、合計610円。170円お得です。
ただし、Suicaで乗車下車の場合は適用されませんのでご注意を。

で、話が終わりそうですが、気になることがあるんです。

途中地下鉄を挟んで前後は同じJR。
これは何かあるのではと思ったら「通過連絡運輸」という運賃設定があるらしい。
東西線の場合は、高円寺−三鷹と西船橋−千葉みなと間で設定があり、その区間を東西線経由で利用した場合は、前後のJR区間を連続して扱うということ。
つまり、この三鷹−南船橋の場合は、三鷹−中野の9.4kmと西船橋−南船橋の5.4kmを合計した14.8kmの料金210円を適用するわけです。
そうなると、三鷹−南船橋で東西線経由の料金は510円。270円も違う!

でも、そういう案内って見たことないような・・・。
本当に使えるのか心配です。駅員さんに確認してみよう・・・。

- - -

追記:
南船橋駅に行ってみましたが、駅にはそういう表記もなく。
EZナビウォークでは、南船橋−三鷹の最安値を510円と表示してました。
駅探では610円が最安値になっているので、やっぱり知られてない?

- - -

そんなわけで、知らなかった割引運賃があったので、その他の東西線関係の割引を。

  • 都営線各駅間(70円引き:全駅。これはポピュラー)
  • 西武線西武新宿、下落合−新井薬師前間(20円引き:中野−神楽坂のみ)

JRとの間では3種類

  • 中央線高円寺−三鷹間(20円引き:落合・高田馬場のみ)
  • 総武線船橋−津田沼間(20円引き:行徳−原木中山のみ)
  • 総武線下総中山・武蔵野線船橋法典(10円引き:行徳−原木中山のみ)

これらもSuica・パスネットでは適用されないようなので、この区間を利用する場合はぜひ券売機で切符を買いましょう、と。

南行徳は惜しいですね・・・(接続駅から2駅という規定のため。ちなみに割引開始後の新駅である妙典はカウントされていません)。

参考:
パスネットの不思議[デスクトップ鉄のデータルーム]
連絡運輸[wikipedia]
JRの運賃計算ルールは複雑すぎる[デスクトップ鉄のデータルーム]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

テレビは23V型にすることにしました。

毎週、電器屋さんにテレビを見に行くのですが、「やっぱり大画面→今と同じで→むしろ小さくても」と心境が変わってきました。

それは、液晶テレビってまだ美しくないなぁ、ということで。

実は、3年前に4:3の液晶テレビを買ったんですが、なんだかぼんやりして不満だったので、自分が譲ったブラウン管テレビと兄弟で交換しました。弟の部屋は狭いのでむしろ薄型テレビがよかったようで。円満な交換(のはず)。
とはいえ、やっぱりへたってしまって、最初に画像が映るまでが遅くなり、ピーという高周波音を出し始め、ガタついて来たというわけです。

今販売されているテレビは、ハイビジョン映像でデモしているので美しいのですが、アナログ放送に切り替えるとアレ〜って感じです。地上デジタルがあるので、地上アナログを見ることは減りますが、地上デジタルでも今はまだハイビジョンではない映像が多いのです。

アップコンバートと言われる額縁放送がありますし、きれいなはずのDVDもハイビジョンではない。もっとも地上デジタル対応テレビには必ず搭載されている110°CSも、ハイビジョン局はわずか(将来的にはハイビジョン化予定)。個人的には、旧スカパー!の契約も続けるつもりで、これは標準画質(デジタル放送ですが)。

こういう状況は、過渡期の「今だけ」のことなんですが、もともと一人で接近して見る用のテレビですし、将来的に「みんなで見るテレビ」は買い足せばOK。その時になってもこのテレビはサブ用のテレビとして使えるわけで。なので、小さいテレビにすることにしました。巨大なみの○んたの心配はありませんし。

ついでにではないですが、消費電力の面でも、97W(BRAVIA-23S2000)ですので、今のテレビと同等にまでダウン、省電力モードでさらにエコ。

23V型ならば、本体価格も安く。実勢価格も100,000円台なので、しばらくすればもう少し下がるでしょう。同時に2ch録画できるデジタル対応レコーダも買えば、さらに電気代がダウンする予定。

電気代は下がるけど、電気製品の価格はそれを取り返すほど安くはないんですが、時期をみて買い換えという方向になりそうです。

さぁて、お金を作らなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月の電気使用量の中間発表(電:9747)

次の検診は5/10ごろですが、4/29日お昼現在のメーターは9747。
前回4/10のメーターが9467ですので、19日間で280kWhです。
単純計算すると、30日間で420kWhとなるはずですので、前月の547kWhに比べると減りますね。

基本料金 780円
1段料金 1,794円
2段料金 3,558円
3段料金 2,539円
合計 8,671円

先月分に倣って電気料金を計算すると、税込み9100円ぐらい。
先月比3,000円ですから、まずまずと思いつつ。

肌寒い日も多かったので、多少暖房が入って8,000円という目標値には届かなそうです。前年同期は9,600円ですので減ってはいますけどね・・・。

まだ対策を初めて1週間前後ですから、まだまだ判断するには早いかも。

でも今日も肌寒いな・・・。そして、GWで家に居る時間が延びるから電気代もアップしちゃうかも。気をつけなければ。

今日から、正午のメーターを毎日チェックしてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

電気メーター回転!

電気メーターは円盤が回転してますよね。あれって1回転何ワットなんでしょうか。

1日で4200回転も減らすことができます。つまり10kWh分も減らせることになります。

という記事を見つけたので、これを元に計算すると1kWh420回転、つまり1回転は2.38W。なんだか半端・・・。

今日家を出たときには20秒で1回転していたので、1分間で7.14W、1時間だと428W(0.428kWhということかな?)。1kWh20円で換算して8.6円か。

最近、こうしていろいろ計算しているんですが、絶対勘違い&計算間違いしてそうで、結構悩み中(笑)。ちゃんと勉強しないと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気代をクレジットカードで。

去年の秋ごろから東京電力でもクレジットカード払いが可能になりましたが、50円の口座振替割引みたいなものはないんですよね。

ただ、クレジットカード各社のポイントプログラムがあるので、例えば10,000円の電気代の場合、セゾンカードなら10ポイント=50円分。ビューカードなら20ポイント=約60円。

すでにカードを持っていて、電気料金が一定額以上だと、口座振替よりも得かもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターホンを抜きました。

今日は、インターホンのコンセントを抜いてきました。
だって20Wって書いてあるんだもの・・・。
1ヶ月200円程度の節約ですが、ちょっとエスカレートしすぎかなぁ。
不在ってことが丸わかりという気もしますので、早速やめようかな・・・なんて。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月26日 (水)

無線LANを整理して節電。

この前、家を出るときに電気メーターを見たら、確実に円盤の回転が遅くなってます。節電がうまくいっている予感がします♡

ここは一気に。ということで、先日のAirMacの消費電力。結局カタログに入力電流でしか書かれてないのでよくわからないという結果でしたが、少なくともAirMac Express(0.2A) < AirMac Extreme(0.4A)ということで、消費電力も差があるはず。

Apple AirMac Extreme ベースステーション (モデム・アンテナポート内蔵モデル) [M8799J/A]これはAirMac Extreme(0.4A)通称おまんじゅう。

Apple AirMac Express ベースステーション [M9470J/A]これがAirMac Express(0.2A)

これまではExtreme(おまんじゅう)を親機に、Expressを子機として使っていました。
親機は家族共用ですので、僕が留守だからといってOFFにはできないですが、子機は僕がパソコンを使用しないときはコンセントから抜いてしまえば節電できます。

そこで、親子関係を逆にして、常にONな親機は0.2AのExpress、子機は0.4AのExtremeにして、子機をこまめにOFFにしながら節電効率をアップ。計算上は、1日12時間分約10円、年間では2400円をカットできるはず(平日のみ)。月200円の節約。

さらにインターホンもコンセントを抜いてみることにしました。これは20Wぐらいかかっているようなので、12時間OFFにして1日5円、1216円のカットです(平日のみ)。小さいですけど。月100円節約でも大事。

留守中の円盤の回転が遅くなってちょっと不安になったのは、「留守」がまるわかりだな・・・ってこと(結構泥棒さんの参考になるらしいです)。適度には回っているほうがよさそうな気もします(笑)。

- - -

いま♪関東電気保安協会さんが来ました。漏電はないとのことで一安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビがガザガザ

実は、うちのNHK(1&3ch)はかなり受信状態が悪いんです。
Eスポなどは5月ごろから発生するのでちょっと早いような気がします)
っていうか、そういう影響の無いはずのCATVなんですけど・・・なんで?

一つの原因としては、家の中で分配しすぎということがあると思います。

アンテナジャック−PSX−HDDレコーダ−テレビ−ステレオ(FM)

と数珠繋ぎなだけですが、最後のテレビはもう残り物の電波ですので、ガザガザ。
家の中にいくつかアンテナジャックはありますが、元をたどればこれも分配した物なので、他の部屋も入れると6台の機器が繋がってる・・・。電波の取り合いです。

そんなわけでアナログだと電波が弱くなれば、それだけ画質がぼろぼろになるので、そんな理由から地デジがいいんじゃないの〜ということを考え始めました。

テレビからと行きたいところですが、これはワールドカップ終了後の価格下落を楽しみにして。とりあえず、録画機2台を1台にまとめて節電したいということもありますので、まずは地デジ対応のDVDレコーダーかなぁと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKもカード払いで。

クレジットカード継続払について[NHKオンライン/インターネット営業センター]

ということでNHK受信料のクレジットカード払いというのは去年から一部で行われていたようですが、5/1から全面的に利用できるようになりそうです。
セゾンカードの請求書に申し込み用紙が入ってました。とりあえずGJ!

口座振替同様、月50円お得。しかし、それでもBS入れると月換算で2290円(2カ月払い÷2)。地上2波、BS3波見られるとしても、総合編成ですので安いとは言えないと思います(まぁ、WOWOWは2415円。実質3CHですがハイビジョンでは1CHで、編成の内容がかなり違うので比べるのは酷。・・・どちらにせよ安くはないですが)。

このNHKの支出のかなりの部分が、訪問集金や「受信料のお願い」の費用に使われていて効率的ではないです。必要経費を「払ってくれる人の数」で割っているようで、なぜか子会社の利益はNHKには戻っていなかったり(今年はNHKに大分戻したようです)。

契約の「義務化」は賛成です。不公平感は無くして欲しいです。
これまでの「善意」による支払いは、現状のNHKの「悪態」からは到底難しいでしょう。
言葉ではやわらかく「お願い」をしていますが、実際の契約を行う地域スタッフの中には「払って当然」「法律で決まってます」以上の傲慢な態度でいらっしゃる方もいます(正しいんですが、上からものを言ってます)。

また、現状のように予算承認を国会で行うという「政府との関係性」を疑われるような状況は解消すべきだと思います。「国営放送ではなく公共放送」ですというのはよく聞く文言ですが、「自衛隊は軍隊ではない」と同様、これは詭弁です。

義務化に話を戻して。
法律で明文化するという前に、払わなきゃという気分にさせて欲しいものです。
もちろん番組内容も然りですが、とりあえずデジタル化によって技術的にいろいろできそうです。

受信料払っている人とそうでない人で見られる内容に差を付ける。
スクランブルで完全に見られなくなるのではなくて、午後7時〜朝8時まで見られないとか。
または画質がハイビジョンでないとかモノラルとか。もしくは「モノクロ」になれば、法律で義務化されなくても十分契約率アップしそうです。もしくは、10分置きにちらちらテロップが出るとか、常にL字画面でCMが出て収益源に・・・。妄想しすぎでしょうか。

とにかく払っている人に「罰を与える」というスタンスではなく、「払っている人が得をする」という方向性で考えていただければと思います。

BSを減らすとか、NHKの電波の整理も検討されていますし、同時に受信料も改定されることでしょう。とりあえず、その動きを待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Macでもロケフリ。

Mac OS Xでもロケーションフリー、ソニーと加賀電子[ITmedia]

ひやっほ〜ぃ。文字がでかくなりますよーん。
MacOSX対応のロケーションフリープレーヤが来月出そうですぅ。

僕らMacユーザーとしては、Mac上でテレビを見るというスタイルは「あ・こ・が・れ」でしたので、これはうれしいニュースです。

Mac用外付けチューナーは別売りで存在しましたが、Windowsでごく当たり前の「最初からチューナー内蔵」というモデルはないのですー(今はー。昔はPerformaが・・・)。

ただし、内蔵モデルというのはちょっと高くなりますし、ハードディスクは食うし、そこで録画した物はパソコンで見ないといけなかったりして、不便そうだなという面もあります。アンテナも繋がないといけないし。そうそう録画予約のために常時スタンバイしてないといけなかったり。意外と使ってない人もいそうです(友人にもひとりふたり・・・)。

その点、ロケフリの場合はチューナー部であるベースステーションはテレビのそばに置いておくだけで、無線で映像を飛ばすので、Mac側にこのソフトをインストールするだけ。録画ができないじゃないかーという声もありますが、録画はテレビに繋がったレコーダーでOKなので、ある意味とてもスマートで、パソコンに対する負荷も少ないはず。

 

LF-PK1 ロケーションフリーベースステーション CE LF-PK1 ロケーションフリーベースステーション

販売元:ソニー
発売日:2005/10/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

で、このページの趣旨は「節約」ですが、この「Mac版が出るよ」というのは神の啓示であると受け止めました(笑)。ロケフリ買います。PSPも買っちゃいます。

ただ、消費電力をいろいろ調べていくと、電源ONで15W、OFFで0.7Wは全然良いわけですが、「ロケフリを使うかもしれない」という時は電源ONで待ち受けなければならないようです。ふと会社でテレビチェックしたいとか、もしくはちょっと長期で実家に帰っているときなども常時ONです。15Wで1日7.2円。1週間で50円。3週間帰省するときは151円。年中付けっぱなしでも2628円。まぁ許容範囲でしょうか。

逆に、OFFにするってのはどういう時なのだ?という疑問はあります。
停電しちゃったときは、自動で電源はいるのかな?
そんな時に電源を入れてくれる「ロケフリ守」が必要かも。
※X1、X5のFAQには停電などで停止しても給電が再開次第電源が入る、とありました。

今後携帯電話にも対応とか、Macにも対応なんていうと、ワンセグにも対応するかもとか、そういう期待がフワフワと。妄想でしょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

AirMac(無線LAN)の意外な消費電力

インターネット常時接続なので、VDSLモデムとかルーターとか無線LAN機器を常にONにしています。うちのこれらのインターネット機器を合計すると(パソコン除く)82Wでした。

  • VDSLモデム(Bフレッツ)=10W
  • ルーター(NTT)=12W
  • AirMac Extreme=40W(?)
  • AirMac Express=20W(?)

下2つが(?)なのは、カタログに「入力電流:0.4A / 0.2A」としか記載されてないから。
計算上は40Wと20Wなんだけど、他社の無線LAN機器の10W前後に比べるとちょっと電力を使いすぎ。違うかもしれない(違うと計算にかなり影響するんですが・・・)。

82Wと仮定して、24時間365日付けっぱなしだと、年間14000円(1kWhあたり20円として)。月1000円以上か・・・。これを圧縮すれば結構節約できそう。

ただし、前2つのVDSLモデムとルータは「ひかり電話」のために留守中でもONである必要があります(留守番電話に繋がってるから)。となると生け贄はAirMac。

しかし、AirMacほんとに40Wもあるんでしょうか。
もちろん常にではなくて最大値だと思うのですが・・・。
もうちょっと調べてみます・・・。

同居人がいるので、誰もインターネットを使ってない時間というのは9時間ぐらい。
ここで電源をOFFにすると5000円ぐらい節約できる計算に。
うむー。それとも省電力なものに交換がよい?

- - -

追記:
AirMac Exteremeをよく見ると、これはACアダプタがあってそこにも表示が。
コンセントの交流電源から直流(DC)に変換するのですが、ここでのDC出力が5.1Vで2.4A。
となると、W=V×Aなので、12.24Wとなります。これが消費電力なんでしょうか。
かと思ったら、他社のものでDC12V・0.75Aで消費電力4.5Wと計算が合わないものが。
さらには「ここでのACアダプタの消費電力は定格×0.7でお使い頂くよう数値表示しております」というサイトもあるし。そういうもんなんですか・・・。

どちらにせよ、40Wということはないと思いますが・・・やっぱり不安。
やっぱりエコワットでチェックしてみようかな?

 

アクティスオカモト エコワット 簡易電力量表示機 [T3TR] CE アクティスオカモト エコワット 簡易電力量表示機 [T3TR]

販売元:アクティスオカモト
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

テレビを買って電気代を下げよう(2)

さて、テレビ。32V型が欲しいと思っている今日この頃ですが・・・。
すべてのテレビ番組を大型の画面で見る必要があるのかな・・・と思うんです。
朝ズバで○のもん○が巨大に表示されるのはイヤーーーーーー。

ということで、テレビの使い分けもひとつの節約かもしれません。
ただ、普通の小型テレビを買うのではちょっと場所もとります。

 

LF-PK1 ロケーションフリーベースステーション CE LF-PK1 ロケーションフリーベースステーション

販売元:ソニー
発売日:2005/10/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そこで、これ。消費電力は15W(テレビ視聴時)、待機時は0.7Wです。
機材の性格上、24時間点けっぱなしになりますが、電気代は年間600円ぐらい。
もちろん、ベースステーションなので別途モニターとなるものが必要。

まずはPSP。画面は4.3インチとかなり小さいですが、消費電力は6W(充電時)。
それからパソコンもその画面になりますね。この場合は25W(VAIO type Tの場合)ぐらいかかりますが、多少画面は大きいです。(ちなみtypeTはワンセグ付きなので、そっちを見るというのもあり・・・)

パソコンで何かしながらテレビを見ることが多いんですが、あんまりテレビの画面を見てないんですよね。なんかそういうときは勿体ない感じはあります。
パソコンの横にポンとPSPを置いて、もしくは画面上に小さくテレビ画面を出して、ながら見する。便利そうな気もしますね。

ロケーションフリーシリーズにはX1やX5という画面付きのモデルもあるんですが、PSPなどには対応してないようですし、お店で見ると画面もさほど明るくない気がします。PSPに比べれば画面は大きいので、PSPは使ってないよという人にはよいかも。

ちょっとした問題点は、テレビとベースステーションの両方に配線しなくてはいけないので、映像出力端子が少ない機種だと、分配したりする必要があります。うちの場合だと、スカパー!のチューナーが2出力ありますが、レコーダーとテレビへの出力で使っているので、さらに分配しないといけないですね・・・。このベースステーションの機能が、スゴ録とかブラビアに搭載されていれば配線が楽なのになぁ、と思うのです。

あとは、地デジ対応ですかね・・・。去年の10月発売ですから、次期モデルもそのくらいかもしれませんが、デジタルチューナー部品がまだまだ高いので3万円台の価格は維持できないかも。やはりデジタル対応のテレビへの標準搭載がうれしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

テレビを買って電気代を下げよう(1)

テレビ購入への執着が増しております・・・。
ですが、電気代を調べているとテレビをOFFにする時間が多くなってしまいました。
テレビ、いらないんじゃね?という声もありつつ、ここは無理矢理にでも買い換えで電気代を下げることを考えてみましょう。

 

HITACHI Wooo 37V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジジョン液晶テレビ160GB HDD内蔵 W37L-HR8000 HITACHI Wooo 37V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジジョン液晶テレビ160GB HDD内蔵 W37L-HR8000

販売元:日立
発売日:2005/09/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そう、WoooでREC。録画のできるテレビです。
これの場合、別々に存在しているレコーダーとテレビを1台にできるんじゃないかと思うのです。2台のレコーダーを2チャンネル同時録画(W録やどっちも録り)の1台のレコーダーに置き換えるように・・・。

しかし・・・テレビを使っているときに必ずレコーダー部が作動している必要があるかというと、そうではないですよね。テレビをリアルタイムで見ている時はレコーダー部はOFFであるべきです。
もしかすると「レコーダー部のみOFF」とか「使ってない時はHDDをOFF」という設定があるやもしれませんが、きっとテレビを点けている限り、テレビ+レコーダー分の電力が常にかかります。カタログ値では32V型で190Wぐらいですので、ちょうど160WのテレビとHDDレコーダーを同時起動している感じになります。残念...orz。

録画機能付きタイプは、録画機能が壊れたときに修理が困るという面もありますし、現状はおまけ機能的なもので、あくまで「録って見て消す」や「ちょっとタイム機能」のためのもの。便利ではありますが、その分消費する電気はアップ。ハードディスクではなく、フラッシュメモリのような可動部のないものに置き換わればグンと下がるかも?(フラッシュメモリはまだ大容量ではないのだ・・・)

そんなわけで、このREC付きWooo、1年近くが経って価格がこなれて、候補にしていたんだけど・・・。使ってないHDDをスリープ。採用されないかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ周りの電気代

テレビがピーーーーーーーっと言っているので、テレビの買い換えを考えていますが、機能面ではなくて、消費電力で考えてみましょう。
※ここでの消費電力はカタログ上の数値ですので、実際はそれ以下の場合もあり。

- - -

今使っている、21型(4:3)のブラウン管テレビで消費電力は96W。
買いたいサイズは32V型ですが、このクラスの液晶テレビの消費電力は150Wぐらい。
そのまま置き換えると、電気代は増えてしまいそうです。
サイズを欲張るからだめなのかなぁと思い、21型と同等の26V型で調べましたが130Wぐらい。型の数字が同じ20V型ぐらいだと80Wぐらい。ただ画面は今より小さくなります。

Panasonic VIERA 32V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ TH-32LX60

↑これはビエラ。32V型で160Wだ(32LX600

じゃあ、テレビ周りでほかのところが節約できないかと思い、まずはアンプ。
といってもただのミニコンポですがテレビを繋ぐといい音。でもこれが55W。
テレビを使うときは必ずONなので、96W+55Wで結局150W使ってたんですねぇ。あらら。

さらに・・・お恥ずかしいことに面倒くさがって最近までほぼ24時間&年中ONでした。
1kWhを20円として計算すると年間9600円。我が家の電気代1ヶ月分!
っていうか、これが電気代が高い原因かも?!
寝ている時間や家に居ない時間に消すと4000円ぐらいにはなりますし、そもそも映画以外はいい音で見る必要もないので、テレビのスピーカーを使えばいいわけです(電力はテレビのスピーカー<アンプなので)。

それから、テレビ周りで結構気になっているのがHDDレコーダー。
僕のうちにあるのは3年前のDVDなしのレコーダー(取って消すタイプ)です。
お好みの番組を勝手に取ってくれるという機能のために24時間ON。電源OFFボタンはあるけど画面がOFFになるだけで消費電力はほぼそのまま。

消費電力は27Wで24時間365日つけっぱなしの年間の電気代は4800円。さらに重なった2番組を録るためにPSXを併用しているので(PSXは84W・待機時1W)を1日10時間使うとして1日17円=6200円/年間をプラス。録画機器に約1万円の電気代を使っていることになります。はぁぁ。

この2台を2番組を同時に録画できる最近の機種(例:スゴ録D90)などに置き換えると、消費電力は70Wと大幅に増えていますが、待機電力は0.7円。10時間使ってそれ以外は待機だと、1日14円で5100円。半分だ!

Panasonic DIGA DIGA 地上・BS・110度CSデジタルチューナー搭載ハイビジョンレコーダー 400GB DMR-EX350-S

↑ちなみにこれはDIGA。「デジ・アナどっちも録り」で消費電力は47W。イイ!

- - -

まぁ、電気代で見ると買い換えてもいいんじゃな〜い、と言いたくなりますが。
僕自身の買いたいという気持ちを後押しする言い訳みたいなもので。
金銭面から見ると、買い換え費用が莫大で、電気代では元が取れないのです。

VHSビデオデッキなら消費電力は10Wぐらいですから、それが一番経済的なんでしょうけども・・・(テープの無駄はあるけどね)。

液晶テレビの消費電力は意外に大きい。「プラズマより省エネ」つまり「ブラウン管よりも省エネ」と思っていました。実際、同じ面積の画面ならば省エネですが、画面がワイド サイズになったこともあって、大きい画面に買い換えるので結果的に液晶がブラウン管よりも電気代がかかってしまうようです。バックライトで電力を使うの で、ここが改善されると劇的に変わるのかもしれませんねぇ(SEDとか・・・)。

うんうん。あ、テレビのピーが止みました。
止むと、しばらく買い換えを待つかなって気分になるんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月19日 (水)

テレビプチ壊れかけ

突然、テレビが不調になってきました。あんまり前兆とかないか。あえて言えばコレが前兆。

電源を入れるとピーっという高周波音が、映像のないチャンネル(入力2とか)では無問題、映像が出るとピー。電源を入れたり切ったりすれば出なくなったりもするけど、テレビの音よりも大きいから、とても不快、不愉快。
2000年夏製でPSEのシールはないから、壊れるまで使ってやるーと思っていたら、微妙な壊れ方(爆発したりするよりはマシですけどもー)。¥10,000ぐらいで修理はできるようだけど、どうなんだろう。

かといって、液晶テレビはまだ高い。
ワールドカップ前だからなのか夕方の情報番組でも次世代テレビの選び方をやってました。ワイドテレビなら、今の4:3テレビ+7型でさらに1ランク上のサイズがおすすめだとか。今21型だと32型。うー。

節約人としては中古も考えるけど、液晶テレビのように進化中のものは中古という選択肢が難しい。さらに液晶はへたって暗くなってしまうし、新型の機能は劇的に向上(消費電力はダウン)、実勢価格は下がる。

型落ちの機種を値下がり待ちしても、その下落よりも新型の価格の方が安くなるスピードが速いので、大した差もないのだ。
カカクコムのソニー製品リスト
を見ると、(細かい機能差は無視して)旧型の32型のL32HVXが19万、この春の新型32V2000が22万、32S2000が20万。

2年前の機種HVXはダブルチューナーで、見ている番組の裏番組が録画できる(外部録画機器で)。一方、新型の方はシングルチューナーで電源OFFでは外部録画機器に映像信号はでない=録画できない(録画をするときは電源ONでないといけない)。新型にはデジタル対応のレコーダーも必要でまだハイビジョン対応機は高い。HDMI端子がつくので今後も安心。

ダブルチューナは有料チャンネルの契約が1つで同時に別チャンネルを見られる。視聴はテレビで、録画はレコーダーと別々のチューナーだと、それぞれの視聴契約が必要。でも実質上は有料チャンネルは録画してから見ればよいのかも・・・。B-CASの契約ってまとめられないのかな。

このHDMIが半端な段階で、2011年以降はないと困るとか、出力制限は実質ないとか、PS3用には新型のHDMIになる(?)とか、混乱中。そんな混乱のためにHDMIを付けないメーカーがあったり、ソニーのようにローエンドな機種にまで付けるようになったり。結局この端子は必要なのかどうかだけど、デジタル入出力はこれにかわるものがない(ハイビジョンに対応している"D"端子も信号はアナログ)。

さっきのカカクコムで32V2000の前機種である32V1000はシングルチューナーで電源OFFでも外部録画機器に出力できる、HDMIはない、そして現在の価格は15万。お得ではある。でも高い。

友人の声としては「ワールドカップ終われば安くなる」と。
そうなのかも。投げ売りが始まるかも。北京五輪が終わるころはもっと安いだろうな。

あーーーーーーーーーーーーーーーー。
結論なんて出ないのです。とりあえずしばらく我慢か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

電気代が安くならない冬と夏。

今月の電気代も12,000円を超え。
節約戦争の戦略のために、2005年の反省を。

去年の同じ月の使用量は・・・という表示が請求書にあるんですが、去年は659kWh、今年は547kWh。100kWhは減ってるようです(金額にすると2000円ぐらい)。

3月は急に寒くなったりする時期なので、暖房はまだ使いますね。
今年は、1枚電気カーペットが増えたわりに大丈夫だったようです。
(去年と今年では気象条件も違うので、ざっくりとですが)

電気料金
1 8,364
2 14,139
3 15,550
4 14,553
5 9,857
6 9,362
7 12,601
8 15,109
9 10,070
10 11,441
11 9,579
12 12,418

あ、参考に去年の電気料金の推移はこんな感じ。

1月は、実家に戻って半月不在。
2、3月は、暖房の影響。
4、5月は、暖房がなくなって。
6月は、やや暑いのでクーラー。
7、8月は、クーラー。
9、10月も、ややクーラー。
11月に、落ち着いて。
12月は、暖房。

みごとに冬と夏に電気代のピークが来ます。

しかし、なにもないときでも9000円はやっぱり高い?

友人には「どこかから電気漏れてるんじゃないの?」と言われましたが。もしかすると、うちの前の店の看板はうちの電気じゃないのか?みたいな妄想も。

以前も、待機電力の見直しはしてみたので、もしかするとこの9000円の基準ラインが下がってるかもですが、見えにくい。

ということで、去年の電気代をもとに目標を設定。
12月〜4月、7〜8月は11000円、9〜11月は9000円。それ以外の月は8000円としてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿"サグラダファミリア"駅、今週末工事。

土曜日に浦和に行こうと思ったら、新宿駅で工事です。
新宿駅こ線橋架替工事に伴う運休等のお知らせ
もちろんこれで完成というわけでもなく、いつまでもいつまでも工事はつづくのでした。

東京駅も数年前は駅の中が工事でめちゃくちゃでしたが、落ち着いてますし。
って言ってるそばから、ツインタワーが建ち、丸の内駅舎が3階建てにビローンと伸びる。

- - -

ま、そんなわけで浦和行き。
手持ちの東西線定期区間でJR乗り換え可能なのは、高田馬場、飯田橋、東京、西船橋。
それぞれを比較すると・・・(JRのみを使う場合)。

高田馬場から 290円(18km)
飯田橋 から 380円(25km。秋葉原まで折り返す感じ)
東京  から 380円(24km。大手町−東京乗り換えは一応可能)
西船橋 から 690円(41km。苦笑。南行徳からは880円で1時間6分の旅 by 武蔵野線)

ちなみに定期券は関係なしで、もっとも速いのは54分、経路は南行徳−(メトロ)−上野−(JR)−浦和ですが、この場合は定期を使っても160円+380円で540円。馬場経由が多少時間がかかるといっても1時間9分でたったの15分違い(※1)なので、馬場経由で。

しかし、埼京線・湘南新宿ラインの乗客が全部山手線に乗るということになると、混みそうな気もします。はてさてどうなりますやら。やっぱり、極力この区間は避けた方がよいのかも。

(※1…1時間に1本しか汽車※2の来ないところで生まれるとこうなる)
(※2…電気じゃなくてディーゼル機関車でひっぱる)

先月15日にビックカメラSuicaビューカードを申し込みましたが、まだ来ません。
モバイルSuicaアプリもダウンロードして待ちくたびれています・・・。むぅ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

振り込みややこしや。

節約戦争中であることを、うっかり忘れそうなうららかというか、春の嵐吹き荒れる今日この頃。

4月になり新生活・・・となることもなく、バタバタと日々を過ごしていたら、月末までに振り込むべきであった家賃を「うっかり」忘れていました。今日あわてて入金したわけです。

去年更新した契約書にある家賃の振込先は、東京ベイ信金と東京三菱銀行・みずほ銀行。
振り込み先支店が近い信金を利用していましたが、隣の駅の支店だし、駅からちょっと離れているし、面倒だなぁと思いながら、はや3年・・・。

その3年たった今日「自分はアホだ」と気が付きました。

まず、東京三菱の支店は駅前にあり(これは知ってました)、同行他店宛は振り込み手数料も同じ315円(ATMで現金払いの場合)。ガーン。
これまでも隣駅は定期区間なので電車代は特別かかってないにしても、ずいぶんマシです。

さらにさらに、東京三菱銀行は2004年の10月からUFJと相互解放しているため、すでに持っているUFJ銀行の自分の口座から、ATMでカードで振り込めば210円。ガーン。
約1年半にわたって各月100円、約1800円を無駄にしていた模様です。

しかも、UFJ銀行のマイ口座からお金を引き出し、5分ほど離れた信金の支店に振り込みに行くという・・・もう恥ずかしい。

振り込み手数料においては、その振込先支店のATMで自分の口座から振り込むと無料。家賃の場合、地元の不動産会社・大家でないと近くに振込先の支店がなかったりするので、そう思い通りには行きませんが。

インターネットバンキングもありますが、「インターネット支店」などは実店舗=他支店扱い(あたりまえですが)のため手数料無料の恩恵にあずかれなかったりして。手数料に関しても、ATMでカードで口座から直接振り込む場合と同じ場合が多いです。

数年前、土曜日の手数料が有料化されブーブー言ってましたが、銀行の統合などで相互解放などがあったり、手数料が改定されたり注意が必要ですなぁ、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »