« ロジクールさんに相談した。 | トップページ | 返品します。 »

2006年7月 2日 (日)

U256でユニゴロ(電・0256)

9kWh。なんだか雨で、洗濯物を干せなかったのです。
今日は干せるぜ、と思ったら強風。洗濯物が飛ぶんじゃないかと気が気でない。
曇りですがよく乾いているみたいですが。あ、なんか風が弱くなったような気が。

昨日はユニクロへ。といっても先週も行って、その前の週もユニクロのネット店で購入して。そんな買い方になるのも、Tシャツシーズンでさらに今週はサマーセールだから。(しかも先週買った商品がセールで安くなった腹いせもあります。あれ?敵に塩を送ってる)

ワークスタイルも膝丈パンツとTシャツorポロ系なので、枚数・バリエーションを増やしたくなってしまうのです。昨日は8枚、先週は4枚、ネットで5枚、春先からちょこちょこと買っているので、30枚近くになるみたい、覚えている範囲で。ドライ生地のカラー無地Tも便利。

ま、これも術中にはまっているのかも。
先週クイズ番組で、ユニクロでは買い物かご(実店舗の話です)を設置することで、客の購入点数が増えたと言ってました。そういえば、服屋さんって普通はカゴないよなー(Right-Onあたりはあったかも?)。昨日も隣のレジのお客さん「25点で9千いくらいくらです」とか言われてた。多!

ユニクロのTシャツも相当な種類があるのですが、この時期になると商品ごとに運命が分かれます。

「1500円」は限定品とかちょっとプレミアムなもの。ウォーホールと21世紀リーダーとセレクション系はずっとこんな感じ。

「1000円で複数枚割引」が一番多い商品群です。「単品で690円・590円に値下げされているもの」は新作だったりします。そもそも生産枚数も少ないので、通常価格になったあと値下がりを待っても、良いカラーのものは無くなりがち。気に入ったら新作価格の時に買っちゃうのが吉だと思ってます。

U36278伝統企業コラボで最後に残ったのは木村屋総本店。
あまりにもシンプル・・・。社名がなかったら「その手に持っているのは何?」というゆるすぎた絵が敗因ではないかと(たぶん「あんぱん」でしょう)。伝統企業というわりにハイカラで。すでに売り切れた伝統企業柄はこちら(UNIQLO香港)

「棚で500円で売っているもの」としては学生コラボとアワードのものが値下げされてました。悪くはないけど、芸術が爆発ぎみです。

「ワゴンで袋詰めされて丁寧に500円で売られているもの」は詳細はわかりませんが、ネット店の在庫なのかなと想像しています(ネット店は全品袋詰めされているので)。

さらに「ワゴンでぐちゃぐちゃ500円」というのがあり、基本的に微妙なものです。去年の売れ残りもあったり、デザインは悪くないけどLサイズしかないよ、とか。掘り出し物もあるかもしれませんが。僕はSサイズなので欲しいものはないことが。残り物にはフクがない。

「一度売り切れて再生産されたもの」というのもありました。春に出たものは売り切れていたので、そのとき売り上げの良かったもの(?)が再登場しているようです。

また、来週も行こうかなと。今週買ったものがさらに安くなってたりすると凹みますが。

<追記>

最近「U296」という表記が減ったなと、そういう意味のタイトル。

海外出店したときはテレビのインタビューで、UNIQLOをUNIGLO(ウニグロ)と読んだ人もいましたなぁ。イギリスでは一時期21店舗まで増やしたものの、赤字により現在は8店舗まで現象。現地法人の経営者がデパート出身の保守的な人間であったためユニクロの社風と違いすぎたことが失敗の理由と言われているようで。

イギリス、中国、韓国、アメリカ、香港に出店中。NY sohoにも秋にオープン。

|

« ロジクールさんに相談した。 | トップページ | 返品します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/14264/2466312

この記事へのトラックバック一覧です: U256でユニゴロ(電・0256):

« ロジクールさんに相談した。 | トップページ | 返品します。 »