« 子機の電池(電・0408) | トップページ | さらに低価格なジーユー(電・0420) »

2006年7月20日 (木)

全路線7,700円(電・0415)

今日は7kWh。ほんまにすずしいなぁ。

Titleimg_1で、ほぼ同時に発表されたANA&JALの全路線7,700円。
期間も同じ10/1〜5。JALは最初8,000円で申請していたらしいですが、ANAが7,700円に設定したので、後を追ったようです。熾烈。
僕はANAマイレージクラブのメールで知ったのですが、母に「安いから来るなら来れば」と電話しました。けんかをふっかけているわけではありません。

日〜木という設定なのですが、現状家族全員が「土日が休み」という概念がなくなっているため、これは使えるってなわけです。とりあえずANAマイレージクラブでは今日から先行予約開始。

飛行機に絡んでもうひとつ。
面倒だぞ!羽田空港のバス移動[四国新聞]
という記事で、羽田発高松行きの3割が搭乗口からバスで沖止めの飛行機に乗らなきゃならないのは、高松はどういう位置づけなんだ?という記事なのですが、宮崎人にとっては日常なため考えたこともありませんでした(笑)。

特に宮崎−羽田線はSNAの就航もあって便数が増え(15往復=30便)、その分ほとんど機体が小さくなったので(ジャンボの便は繁忙期の一部になった)ブリッジを使う頻度は前より下がっているような気がします(もちろん宮崎空港ではブリッジです)。

3s こんな感じで、JALとANAでのボーディングブリッジ(搭乗橋)の使用率の表がありますが、宮崎・長崎にいたっては半分以下です。SNAについては書かれていませんが、早朝便とか一部以外はほとんどバスなので20%を切っているかも。高松は7割がブリッジってのは結構よいのでは・・・。

そんなわけで宮崎人は羽田ではバスで運ばれるものとして受け入れつつあります。

あらかじめバスだとわかるものでもなく、その日の機材繰りとか搭乗率とかいろんな条件で変わってくるとは思いますが、今度宮崎に帰るときはスリーセブン(777-200)なのでブリッジもいいなぁと。
でもバス移動も「旅に出るのね」感は強くて好きです。

空港内のバスと言えばオレンジのバス→東京空港交通
これも旅感をアップさせてるかも?

|

« 子機の電池(電・0408) | トップページ | さらに低価格なジーユー(電・0420) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/14264/2730740

この記事へのトラックバック一覧です: 全路線7,700円(電・0415):

« 子機の電池(電・0408) | トップページ | さらに低価格なジーユー(電・0420) »