« 乱視ー!乱視ー! | トップページ | 早寝早起きで節電(4068) »

2007年6月 4日 (月)

定率減税廃止で4万円増!?(4061)

今日は8kWh。

ニュースでもちらっとしか言いませんが、6月から住民税(市県民税)がアップしました。増税か!と思いきや1月に所得税が下がっているので、トントンということ。あーよかった、と胸をなで下ろすのは早いみたいで。

実は同じタイミングで定率減税が完全廃止されたので、年収500万円だと年間17000円ほど増えます。年収700万円世帯だとなんと年間4万円も。定率減税が小渕内閣時代に施行された時は「恒久的」→2年にわたって段階的に減らして→とうとう廃止。

結局「反故」になってしまったわけですが、もともとの意味である「景気浮揚」の効果はあったように思います。さて、それでは景気は回復したと市民生活の中で実感するか?というと、ほとんどそうではないと思います。上流から景気回復感を感じつつあったはずですが、下流に来る前に多少冷え込むことが予想されます。

政府自身も「やや減速感はあったが景気回復傾向にある」とか「踊り場」と景況を表現しているのですが、この先の景気も市民が支えているということはどうでもいいのかもしれません。消えた年金問題といい、大臣を自殺に追い込んだり、市民生活より「議員を守り財界を守る政府」という印象が増すに従って、支持率も降下すると思います・・・。

それはともかく、年間2万円を浮かせないと〜。とりあえず、PASMOで定期券を6ヶ月定期にすることで年間10500円お得。あとの1万円は・・・どうしよう。

|

« 乱視ー!乱視ー! | トップページ | 早寝早起きで節電(4068) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 乱視ー!乱視ー! | トップページ | 早寝早起きで節電(4068) »