« PSEと環境省 | トップページ | まだ梅雨は明けない(4530) »

2007年7月20日 (金)

ソフトバンク料金プランの弱点?

P_index_01 携帯電話の料金割引競争になっている感じです。DoCoMoのファミ割MAX 、auの誰でも割、それに対抗する新・自分割引。多少形態は違っていますが、基本的には2年継続契約で基本料金の割引率を最高にできるというところでは一致するのかなと。
自分の場合は、今が年割+家族割で42.5%の割引になっているので、誰でも割に入ればあと270円ぐらい安くなるらしい。270円で2年縛り・・・。

ただ、ファミ割MAXは半額になるのではなく、もともとドコモを長く利用している家族の割引率まで上がるだけ。ドコモの料金プランが高めなので、基本的には他社より安くなるということはなさそうな気もします。

ソフトバンクがauの割引をコピーしたものなので内容は同じですが、こういった割引を全く同じくコピーするというのは、利用者に取っては分かりやすい行動ではありますが、24時間以内に同じ割引・プランを導入という方針はシステムが複雑怪奇になっていそうで心配。
先日のauの「500まんえんいただきます」というのは分かりやすいですが、実は4,578円で済むはずなのに4,898円請求されるというような小さい額のエラーが起きてそうで・・・。杞憂・・・でしょうか。

|

« PSEと環境省 | トップページ | まだ梅雨は明けない(4530) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PSEと環境省 | トップページ | まだ梅雨は明けない(4530) »