« がまん・・・2(6770) | トップページ | ひょ(6794) »

2008年1月25日 (金)

道路特定財源が必要なんだって

ガソリン税を下げると地方の道路が造れないとか、道路予算は道路特定財源での歳入を上回っている(すでに足りてない)という声で、暫定税率が正当化されそうになっていますが、地元民が欲しいと思っている道路と自治体が要望している道路が一致してないような気がします。

H18hpgaiyouzu 自分の地元では、かなり大きな事業として「都城志布志道路」というものがあります。

宮崎市と都城市には宮崎自動車道という高速道路が通っていますが、実は鹿児島に向かう場合は遠回り。宮崎−鹿児島間の交通はトラック輸送なども多いのですが、市街地の真ん中の国道を通るルートが速いので、市の中心部での買い物客などと合わさって渋滞が起こってしまいます。

そのために、国道10号線のバイパスとなるべく計画されたのがこの道路。

無料道路ですが、高速道路に直結して、また市内にも数カ所設置される入り口以外からは乗り入れできない構造になるようです。つまり高速道路のように建設費用が高くなりそうなんです。

しかし、利用されるのかどうかは、その行き先によるわけでして。

この新しい道路、志布志方面で東九州自動車道に接続しますが、一般の人はあまり志布志に用事がありません。海水浴に行くときに細い山道を通っていたので、これが短縮されるのは子供心に嬉しいでしょうが、はて高いお金を掛けるほど利用されるのかな?というと疑問。

また、宮崎自動車道は渋滞がほとんどありません。それどころか前後に車が見えないこともしばしば。宮崎市から都城市の間は普通車で1,500円ほどですが、一般道でも1時間かからないし、ゆったりした県民性もあってか、急ぐ人以外は使わないのです。
もちろん高速バスや救急車などには役立つのですが、外から見ればまさに「無駄な道路」と言われてしまう一つではないかと思います。

宮崎自動車道が使われない理由としては、宮崎市から鹿児島や福岡に対しての時間短縮効果がほとんどないということが大きいような気がします。都城を経由し たことで、えびのJCTまでは一般道とほぼ変わらないし、都城から鹿児島まではいったん降りて一般道→国分付近から高速でも、えびの回りの全行程高速道で も1時間50分だったり・・・。

経由地の設定で時間短縮効果がほとんどなくなって利用されない道路になるか、一地方の利便性だけを優先して利用されるか、この辺のポリシーが国土交通省にはないので、単純に声の大きい政治家が「おらが町に高速道路を!」と叫ぶことで「無駄な道路」になるということも少なくないんではないかなと、身近な例から感じた次第です。

|

« がまん・・・2(6770) | トップページ | ひょ(6794) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« がまん・・・2(6770) | トップページ | ひょ(6794) »