« 地デジは終わり。 | トップページ | ゆうパックスピードダウン? »

2008年1月 3日 (木)

節約事始め:電気ポットと電気ケトルの電気代

保温や再沸騰を繰り返しながら通電し続ける電気ポットよりも、必要な分だけを沸かせる電気ケトルの方が電気代は安い。と思うのですが・・・。

最近のポットでは魔法瓶機能があるので、保温で使う電気代が1日10円ぐらい抑えられています(月300円以下)。ただし魔法瓶ではない電気ポットの場合は、常に30Wぐらいの電力がかかっていて沸騰と併せて月1000円(1日30円)ほど、まったく沸騰機能を使わなくても月500円(1日15円)ぐらいはかかります。

電気ケトルの場合は保温機能はないのですが、沸騰時の消費電力は1,200Wで、カップ1杯の水を沸かすのに0.5円ほどかかりますので、1日60杯ぐらい湯を沸かすのでなければ、電気ケトルの方が安く済みます。

少人数の世帯が増えていることと、お茶などのあまり暖かい飲み物をのまなくなったために、最近は電気ポットを使用する必要性が減って、電気ケトルが人気になったこともあってか、電気ポットメーカーも↓こんな商品を。

ZOJIRUSHI マイコン沸とう電気ポット CD-ZA12-WB ホワイト ZOJIRUSHI マイコン沸とう電気ポット CD-ZA12-WB ホワイト

販売元:象印
発売日:2007/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1.2Lと小さめで沸騰時間も短く、もちろん通常の電気ポットとしても使えますが、保温機能をOFFにして電気ケトルのようにも使えます。

|

« 地デジは終わり。 | トップページ | ゆうパックスピードダウン? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地デジは終わり。 | トップページ | ゆうパックスピードダウン? »