« 環境への問題意識と実行力と金銭的余裕(8194) | トップページ | HONDA Fitにハイブリッド(8207) »

2008年5月21日 (水)

電球をワンランク落とす(8200)

今日は6kWh。弟の部屋の電灯、20Wの蛍光灯×4本から2本抜きました、こっそりと。
・・・弟はまだ気づきません。いや気づいているのかも。どうよ。

海外は電球の間接照明が多いので、電気消費量に占める割合が高い。そのこともあって電球型蛍光灯の廃止、そして切り替えていこうという流れになってきました。日本でも照明の占める割合は高いですが、家庭内で電球を使うところが海外の家に比べれば少ないので、蛍光灯の状態からさらに節電しようとすると、管の本数や1つのW数を下げていくしかない・・・。

弟の部屋の電灯。2本は点かないので1日10時間使うと0.2kWh(約4円)の節約となります。月間では120円、年間では1,440円。ほら少なくない。さすがに20W一本だと明らかに暗いので、そこまでは「こっそり」できません。ちなみに自分の部屋は30W+40Wの蛍光灯ペンダントが付いてますが、小さい30Wを1本だけつけて過ごしてます。確かにやや薄暗い。でも目が休まってよいと思うのです。客人に「なんでこんなに暗いの」と聞かれたことがあります。

HITACHI 洋風ペンダント 蛍光灯72W形 6~8畳(環形40形+環形32型) RPS863EK HITACHI 洋風ペンダント 蛍光灯72W形 6~8畳(環形40形+環形32型) RPS863EK

販売元:日立
発売日:2007/08/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

電球型蛍光灯の場合は100Wは60Wに、60Wは40Wに、40Wは20Wに・・・、と下げられるか・・・というのがポイントでしょうか。「トイレの100W」という言葉がありますが、60Wでも明るいのかな・・・。電球型蛍光灯の60W型と40W型は2〜3Wの違いですので、劇的な節電効果はないです。まして点いている時間が短いトイレだと、節約金額は年間50円いかないかも。あとは電球型蛍光灯の安い方でいくしかない。60W型をまとめて5,6個買った方が安い場合もあります。

電球の節電とともに、考えているのはインターネット周りの節電。
計画中のひかり電話廃止で不要になるのが「ひかり電話対応ルータ」。うちにあるのはRT-200KIで最大消費電力は12W。最大となっているので平均8Wとして、浮く電気代を計算すると、24時間付けっぱなしで192Wh、月に5.76kWh(約127円)、年間69kWhで1,520円分の電気を消費してます。さらにNTTからのレンタル料が月450円で年間5,400円(こっちのほうが廃止メリットが大きい)。うーん、でも今ひとつ踏ん切りがつかない。月500円の節約だものな・・・やっぱり廃止か。

|

« 環境への問題意識と実行力と金銭的余裕(8194) | トップページ | HONDA Fitにハイブリッド(8207) »

コメント

夏だから電気つける時間も
短くなります。

蛍光灯もいろいろな形がありますね。

投稿: jan | 2008年5月24日 (土) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 環境への問題意識と実行力と金銭的余裕(8194) | トップページ | HONDA Fitにハイブリッド(8207) »