« 新しい携帯電話を考える。(0629) | トップページ | テクノロジーと距離を置く日(0669) »

2009年1月30日 (金)

オーブンレンジってわかんねぇよという真冬。

というわけで、今日も17kWh。電子レンジが今にも壊れそう・・・ではないけれど、省エネなものにそろそろ変えないと・・・と思ってます。

弟と話し合った結果

  • 省エネは大事だよね
  • 要は冷凍ごはんとかが解凍できればいいよね
  • グラタン作ってみたいよね
  • 皿は回らない方がいいね

てな感じで、だったらどのオーブンレンジでもできるんじゃないかという内容。トースト機能もあればよいのですが、回らないような2万円以上のものには逆に付いてない。

最近出た機種で3つほどの候補を、省エネ達成率と出力、スチーム機能で見ていきます。

HITACHI ワイドPAM オーブンレンジ MRO-DF6-H HITACHI ワイドPAM オーブンレンジ MRO-DF6-H

販売元:日立
発売日:2008/10/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この中では1番安く21000円。省エネ達成率108%。22Lで標準的。
スチーム機能は一応あるけど、オーブン時のみ。短時間1000W出力機能があるものの3分以上は使えないし手動設定は不可。手動設定できる800Wも3分以上指定できない。高出力に制限は実際に不便なシーンがあるかどうかはわからないけれど、なんとなくせっかくの1000Wがもったいない。

SHARP スチームオーブンレンジ 26L/1,000W/250℃ 省エネ基準達成 RE-S26A-W SHARP スチームオーブンレンジ 26L/1,000W/250℃ 省エネ基準達成 RE-S26A-W

販売元:シャープ
発売日:2008/07/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

25,000円ぐらいの商品で、省エネ達成率105%。26Lでひろびろ。日立の機種と違って連続1000Wの出力が手動でも設定可能で、さらにセンサーで中央だけに集中的に当てるスピードあたためコースで時間も短縮できる。レンジの時もスチーム皿を設置すれば、蒸気を出せる(すごいのかすごくないのかは不明)。

この機種のマイナスポイントは、26Lなのが災いしたのか、本体サイズが大きい(横幅は1cmほどの違いだけど、奥行きが5cmほど、高さもちょっと大きめ)。

TOSHIBA スチームオーブンレンジ 石窯オーブン21L ER-G6(H) グレー TOSHIBA スチームオーブンレンジ 石窯オーブン21L ER-G6(H) グレー

販売元:東芝
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ER-G6がまだ口コミ情報も少ない新発売の商品で29,000円ぐらい。
省エネ達成率102%。出力は最高1000Wだけれども5分後には600Wに出力を下げちゃう。手動で800Wなどにも設定不能。パン温めコースがあるのがポイント。でも、新商品のためまだお高め。

・・・・それで?って感じです。
もう何を基準にしたらよいのやら。もう少し悩んでみます。

|

« 新しい携帯電話を考える。(0629) | トップページ | テクノロジーと距離を置く日(0669) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新しい携帯電話を考える。(0629) | トップページ | テクノロジーと距離を置く日(0669) »