« MacBookを勧めてみる | トップページ | 体温計はどっちがよいのか。 »

2009年1月 5日 (月)

モノには言い方というものがありまして。

派遣村「まじめに働いている人たちなのか」総務政務官[asahi.com]

新聞の記事が全文を書いているとは言えないので、丸ごと信じてよいかどうかはわかりません。最近、こういうタイプの失言が次から次に出てくるなぁ・・・と思ったりもします。

ですが、ある政治記者によると「順調な内閣の時代には、記者はこういう記事は出さない」らしいです。この手の発言というのは政治家にとって日常で、それを普段は記者が笑って「ははははは」と聞き流していると。だから、政治家の皆さんもこのような発言に問題があるとは気がつかないし、記者もこれまでそういう一面は報道しては来なかったのではないかと。

確かに・・・、派遣村に集まっている人々がすべて、私たちがイメージしている「派遣社員を突然解雇されて、寮を追い出された」という人だけではなく、ここ数年職も探さず食べ物だけを求めている人が紛れている・・・ということが無いとも言えない。

しかし、そうでない人がいたとして政府の対策に何か変更はあるのだろうかと思うのです。国はそれを選別して、派遣切りの対象者以外は救済しないでもいい・・・とも取られかねない発言だなぁと。

まぁもう少し深く考えていくと、記事の中で昔の「大学紛争」と重ねているので、「普通に生活しているただの左翼活動家がフリをして紛れているんだ!」と言いたいのかもしれませんが、「救済する人は選別すべき」という酷い発言に受け取るように記者が記事を書いた・・・ようでもあるような。

しっかりと作られた「派遣村」のポスターなどを見ても、当然市民団体などがバックアップしているのでしょう。政治家や官僚は、こういった問題があったときに責任がないと思わせたくて「この人たち自身に何か問題があるんだ」と思わせるために、あら探しをしようとしてしまうのかもしれませんが、結局は問題の本質ではないのですよね・・・。

結局、この発言の意図がわからない。

どこか〈問題化〉される若者たち どこか〈問題化〉される若者たち

著者:羽渕 一代
販売元:恒星社厚生閣
Amazon.co.jpで詳細を確認する

自分自身が気をつけていることがあります。誰かをグループに分類して、そのグループ全体を批判しないように・・・。問題点をスパッと伝えられる反面、差別を生むこともあります。

○○人がどうだというのは最悪ですが、普段ついつい「最近の若者は」とか「最近の若者はとか言っているおじさん達は」とか・・・。そういう何でもひとくくりで紋切り型にしちゃうと、物事の本質は見えてこないまま、ただ批判するだけの人になっちゃう。

だから「最近の政治家は・・・」なんて言うのではなく、一人一人の考え方や、行動を見ていきたいと思っていますが、記者の目と手というフィルタを通った情報は、その点で信用に値しないんですよね・・・。

インターネットを十分に活用した政治活動が可能になるように、私たちのようなインターネットに関わる人間として、ITに疎い政治家の皆さんに成り代わって考えてみたいと思った1月5日です。

|

« MacBookを勧めてみる | トップページ | 体温計はどっちがよいのか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MacBookを勧めてみる | トップページ | 体温計はどっちがよいのか。 »