« 暑い夏がやってくる(1826) | トップページ | かごいっぱいのマスク(1848) »

2009年5月19日 (火)

電気で湯を沸かす(1837)

今日は11kWhでした。エコワットを使ってポットで湯を沸かす電気代を測定。

【PC家電_042P10】簡易型電力量表示器 エコワット EC-20B 【PC家電_042P10】簡易型電力量表示器 エコワット EC-20B

販売元:MCO楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

そのポットは、保温機能のない電気ケトル。

RussellHobbs/ラッセルホブス ラッセルホブスカフェケトル 7100JP ラッセルホブス カフェケトル RussellHobbs/ラッセルホブス ラッセルホブスカフェケトル 7100JP ラッセルホブス カフェケトル
販売元:murauchi.co.jp
murauchi.co.jpで詳細を確認する

6,000円前後で買えます。で、カップ1杯(約200ml)のお湯を100℃まで沸かすのに必要な電気は0.02kWh。1kWhが22円とすると、1円以下の44銭。ほんのわずかさ。

ちなみに電子レンジでも同じ量のお湯を沸かしてみます。電子レンジのオートモードで約1分間温めたら70℃のお湯になりました。この時点で0.02kWh。ほぼ同じ。つまりは、電気ケトルの方が沸騰させるには適しているけれど、電気代はほぼ同じ。

■SAKURAの春爛漫SALE!■シャープ【送料無料】26Lオーブンレンジ RE-S26A-W(ホワイト系)★4つのあたため【RES26AW】 ■SAKURAの春爛漫SALE!■シャープ【送料無料】26Lオーブンレンジ RE-S26A-W(ホワイト系)★4つのあたため【RES26AW】

販売元:家電のSAKURA 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

ガスの方が多くのお湯を沸かすには効率がいいのですが、1カップを沸かすには面倒という場合は、電気でもそんなに悪くないと言えるのではないかと思います。

|

« 暑い夏がやってくる(1826) | トップページ | かごいっぱいのマスク(1848) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暑い夏がやってくる(1826) | トップページ | かごいっぱいのマスク(1848) »