« エコワットの節電効果(2340) | トップページ | 色に迷うLogstoff(2362) »

2009年7月11日 (土)

サーキュレーターでも乾く

雨続きだー、洗濯物がー。
と思うけれど、除湿器・乾燥機はやはりランニングコストが高い。除湿器は種類にもよるけど、ヒーター入りのものは2時間で1kWhぐらい。毎日使うと月600円ぐらい。
何も洗濯物を暖める必要はなくて、風を当てるだけで結構乾くのは、ご存じの通り。ただ、扇風機では風も弱いし、邪魔。

て、ことで小さい本体で風量の多い、サーキュレーターがおすすめです。

Honeywell 【前面カバーが外せて羽根が洗える】 ターボサーキュレーター(自動首振り・静音設計) ホワイト HFT-2114-WH Honeywell 【前面カバーが外せて羽根が洗える】 ターボサーキュレーター(自動首振り・静音設計) ホワイト HFT-2114-WH

販売元:CCP
発売日:2009/04/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

去年エアコンの空気を回すために買いましたが、寝ながら使うにはちょっと音がうるさい。そこで、秋以降はお風呂場の脱衣所に置いて、雨の日の乾燥用として転用。1日中回し続けて、洗濯物に風を当て続けると1日で乾きます。気長な話ですが、生乾き感はありません。

もちろん、湿度などにもよりますが、風を当てて洗濯物の水分を飛ばして、その湿気を含んだ空気を換気扇で出すということをしているので、効率よく乾かせるのではないかと。

電気代は1日中回しても15円で、何より除湿乾燥機よりも本体価格が安いので得だと思います。

|

« エコワットの節電効果(2340) | トップページ | 色に迷うLogstoff(2362) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エコワットの節電効果(2340) | トップページ | 色に迷うLogstoff(2362) »