« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月26日 (土)

iPhoneは買い換えない(キリッ

と、そこまで強く主張したいわけではないですが。iPhoneのケースがボロボロになってきました。薄い殻のようなケースが傷だらけ。

パワーサポート エアージャケットセット for iPhone 3G White PPK-70 パワーサポート エアージャケットセット for iPhone 3G White PPK-70

販売元:パワーサポート
発売日:2008/08/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

長らく本体を護ってくれましたが、このガワを変えればなんとなく新品になったような気分になるのではないかと・・・いうことで、ケースを新調。

夏ぐらいには新型iPhone5とされるものが発売されるでしょうから、それまでのつなぎです。iPodとは違って下取りはあんまり考えていないので、傷一つ無い状態で保つ必要性はそれほどないし、ケースがない方がスッキリなのですが、やっぱり落としたときのショックが小さいと思います。

今度はシリコンケースにしてみます。色も派手に。大丈夫かな・・・。

SwitchEasy Colors for iPho  SW-CAP-COL-CRA Colors for iPhone 3G/Crazy  SwitchEasy Colors for iPho  SW-CAP-COL-CRA Colors for iPhone 3G/Crazy 
販売元:murauchi.co.jp
murauchi.co.jpで詳細を確認する
ははは。派手すぎるかな。

| | コメント (0)

2011年2月25日 (金)

節約のチャンス?

AmazonのAdobe製品最大、30%OFF・・・気になります。

自分の場合は一昨年CS4にアップグレードして、その使用感に一定の満足状態にあるために、CS5は見送りとなりそうなのですが、買おうかなーと思っていた人にはちょっと無視できない感じ。

CS4を持っている人はアップグレード版Aを選ぶことになりますが、これらは20%OFF。安くなっても80,000円弱ですから、安い買い物ではないですが2万円の節約!!

Adobe Creative Suite 5 Design Premium アップグレード版A Windows版 Adobe Creative Suite 5 Design Premium アップグレード版A Windows版

販売元:アドビシステムズ
発売日:2010/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Adobe Creative Suite 5 Design Premium アップグレード版A Macintosh版 Adobe Creative Suite 5 Design Premium アップグレード版A Macintosh版

販売元:アドビシステムズ
発売日:2010/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

嗚呼!どうすべき。ちなみにアップグレード権がない人(新規&3世代以上前のバージョン)は↓のような新規版を買うわけですが、高い。

Adobe Creative Suite 5 Web Premium Macintosh版 Adobe Creative Suite 5 Web Premium Macintosh版

販売元:アドビシステムズ
発売日:2010/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

自分としては、2年に一度10万円近い金額を払って更新していく今の状態をどうにかしたいと思っているところではあります(その結果が1バージョン飛ばし)。MacがPowerPCからIntelに移行した頃は、Adobeとマクロメディアが合併した前後でもあり、結局1年半おきに次々バージョンアップをしていたわけですが・・・。

このCreativeSuiteのような形での、全商品揃ってのバージョンアップはキツイ(厳密にはAcrobatのバージョンは揃ってはいないですが)。今回のCS5ではPhotoshopは内部的にとても大きな進化があったものの、それ以外はバグフィックスとちょっとした新機能。

メインで使っているのがDreamweaverとFireworks、Illustratorなので、アップグレードの魅力薄状態となってしまいました。

本当は、機能はそのままでも軽快になって、安定度を増してくれるだけで、構わないのに。どんどんメガトン級ソフトになり、ハードディスクを圧迫し、処理は重くなり。

うーん。一度買ったらその呪縛から逃れられません。しかし、使わないわけにも行かないソフト・・・というのが苦しい。悶々。

Codaというソフトに逃げる準備を始めています。サイト管理ができて、コードがかければそれでいい・・・そんな人になりたい。

| | コメント (0)

2011年2月19日 (土)

エコモードも・・・余計なお世話になる時がある。

お久しぶりです。何かとばたばた。
やっぱりこの時期と言えば・・・確定申告。
今年は、さっさと終わらせました。よかった。

3月半ばまで放置し、「やんなくちゃねー」と心残りがありながらも仕事をし遊び・・・という身の入らない状態でしたが、今年は心置きなく、遊び、仕事します。

さて。仕事し・・・というところでMacBook Airを購入することにしました。WiMAXにも入ります。これでワイヤレスな生活!と思いきや、TimeMachine機能のためにハードディスクをと思うと、今の状態ではUSBで繋ぐしかない。

なんだか、家に帰ったらUSBに接続して・・・外して、接続して・・・ってなんか面倒。WiFiには接続されているのですから、そこを通してバックアップしておいてちょうだいよー、ということで。AirMacのUSB端子に、手持ちのハードディスクを繋いでみました。

BUFFALO USB2.0 外付けハードディスクドライブ 2.0TB HD-CL2.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] BUFFALO USB2.0 外付けハードディスクドライブ 2.0TB HD-CL2.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

発売日:2010/05/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

厳密にはこの容量のものではないですが、CLU2シリーズというやつです。価格もとても手頃でREGZAなどテレビにも使用できるので飛びついた・・・のですが、そこが失敗でした。いや、いや失敗とも言い切れないか。

最近のメーカー製ハードディスクには、省電力モードが搭載されていて、この機種に至っては省電力モードと通常モードを切り替える手間すら省けるので、とっても初心者には分かりやすい「繋ぐだけ!」となっています。

もちろんMacでもUSBで繋いでフォーマットするだけでTimeMachine用のディスクとしては使えるのですが、AirMac Diskとなるとちょっと事情が違うようで、この省電力機能が邪魔をしてしまうのか、保存領域としては認識されてないのです・・・。

省電力機能を持つハードディスクで必ず発生するわけではないようですが、この状況にハマってしばらく右往左往してしまいました。

グーグル先生と仲間達によると、少なくとも自分の持っているタイプはそういうトラブルに見舞われているようです。残念。

ということで、AirMac Diskで使えていますよ・・・という書き込みのあるものを捜索。Mac向けのシンプルなHDDというとLaCie。以前ポルシェデザインのHDDを購入したことがありますが、どうもカリカリうるさかった・・・。

今回はどうかな、と心配になりながらAirMac Diskのためには仕方あるまい、と購入したところです。さて、どうなるでしょうか。詳しくは後日。

LaCie 3.5インチ 外付ハードディスク 2TB LCH-DB2TU LaCie 3.5インチ 外付ハードディスク 2TB LCH-DB2TU

発売日:2010/01/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2TBでももう1万円を切っているのですねぇ・・・なんだか驚く。

| | コメント (0)

2011年2月 9日 (水)

湯沸かし道具仕分け( ̄ー+ ̄)

2番じゃだめなんですか・・・はともかくとして。電気保温ポットを10年ぐらい前に処分しまして。

いまや、いつでもお湯が飲めるようにたっぷり沸かしておく時代から、飲みたいときにすぐ沸かせるのが主流。

ハリオ V60 細口パワーケトル・ヴォーノ EVKB-80HSV ハリオ V60 細口パワーケトル・ヴォーノ EVKB-80HSV

販売元:ハリオ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今年からこちらの電気ケトルを使用しております。これまでは、ラッセルホブズを使っていましたが、実家に譲りました。

Russell Hobbs 電気カフェケトル 1.2L 7300JP Russell Hobbs 電気カフェケトル 1.2L 7300JP

販売元:Russell Hobbs (ラッセルホブス)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

実家の同じ機種が旅立った・・・ということもありますが、一人暮らしにはちょっと大きめだったことが理由です。実家はそれなりに人数が集まるので相当量一気に沸かしますし。そうそうラッセルホブズは1250Wでやはり沸かす時間は短いです。

ハリオのパワーケトルは900Wと控えめでカップ1杯80秒ぐらいですが、ちょっと音が静かなような気がします。

ただ、どちらにせよ沸かす時間と電気量はほぼ比例するので、あまり電気代には差はないはずです(どちらも計算上20Whぐらいなので、0.5円ほど)。

しかし・・・実家はちょっと違いました。沸いたお湯を魔法瓶に入れるんですなぁ。自分は魔法瓶を持ってないのでやっていなかったんですが、朝の時間などを考えると1カップごと沸かすよりも、一気に沸かして保温して置いた方が時間も節約になります。

ステンレスの保温ポットはあるんですが、コーヒー用などに使ったりしてどうしてもお湯に匂いが移ってしまうのが悩みどころ。魔法瓶はそういうことが少ないので、ちょっと魅力的。

TIGER ハンディポツト 1Lタイプ ステンレス PRJ-010PXS TIGER ハンディポツト 1Lタイプ ステンレス PRJ-010PXS

販売元:タイガー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(あ↑これは外装はステンレスですが、中はガラスの魔法瓶です)

もちろん中が2重ステンレスの魔法瓶は軽いという特徴があるので、持ち運ぶ場合にはこちらが便利です。

THERMOS ステンレスポット ステンレスブラック TGS-600 THERMOS ステンレスポット ステンレスブラック TGS-600

販売元:サーモス(THERMOS)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ラベルを貼って「お湯」専用にすれば、ステンレスポットもよさそうです。

話題には出てきませんでしたが、ヤカンは仕分けしました・・・。沸かす時間も意外とかかってしまって、場所も取るし、ピーピーなるし(よかれと思って鳴ってるんですけどね・・・)というのが理由です。ただ、パワーケトルと同型のヤカンぐらいならば、場所も取らないし、出しておいてもすっきりかも。

ハリオ コーヒードリップケトル・ヴォーノ VKB-120HSV ハリオ コーヒードリップケトル・ヴォーノ VKB-120HSV

販売元:ハリオ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2011年2月 8日 (火)

net.USBを使うなら、WN-G300DGRかも。

I-O DATA net.USB機能搭載 IEEE802.11n準拠無線LAN Gigabitルーター WN-G300DGR I-O DATA net.USB機能搭載 IEEE802.11n準拠無線LAN Gigabitルーター WN-G300DGR

発売日:2010/08/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昨日、net.USBの機器を購入しようかどうしようか・・・と考えていたのですが、またコンセントを必要とする機器を増やすのもどうかな、ということもありまして。

今使っているのはAirMacですので、他のメーカーが出している無線LANルーターからするとかなりシンプル。そこが設定のしやすさにも繋がっているとは思うのですが、イマドキな機能もなかったりします。

AirMacになくて、WN-G300DGRにある機能の中で、魅力なのは、

  • ECO機能
  • net.USB機能
  • UPnP
  • DDNS

です。DDNSはともかく、AirMacにはUPnPが搭載されないままなのは謎(類似機能のNAT-PMPがあるのですが、ちょっとマイナーかなぁ)ですが、なきゃないで手動設定するので、あまり・・・必要はないかも。

しかし、ECO機能は期待値が高いです。

見えるところでは、リンクランプなどLEDの照明を全部消すことが出来る(ただし、AirMacも消灯可)とか、スケジュール設定で無線LANの機器を使わないような時間帯には電波OFFにできたり、接続されてないポートの給電を止めたり。

12dh9400000ahmzg_3

特に、LANケーブルの短いポートでは長いケーブルが繋がっているポートよりも電力を落とすなんてのは・・・すごい。水道の水圧みたいなもので、遠いところには高い電力が必要ですが、近ければ電力を下げても十分に届くってことですね。

とはいえ、うちの場合、すべてのポートが埋まることは確かですし、無線LANを絶対的に使わない時間帯は深夜0時から5時の間ぐらいなので、どれくらいECOにできるか・・・。LANケーブルを短くするぐらいですかねぇ・・・。

802.11a(5GHz)対応とか、VPNサーバ機能やEthernetポートがもっと多ければ、グッと購入気分が盛り上がるのですが、積極的に買い換えが必要・・・とまでは言えない。でも、net.USB(USBデバイスサーバ)単体よりも安い。

I-O DATA USBデバイスサーバー(net.USB)ハイスピードモデル ETG-DS/US-HS I-O DATA USBデバイスサーバー(net.USB)ハイスピードモデル ETG-DS/US-HS

発売日:2010/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ただ、これから無線LANを変えようかな〜と思って、最低限の基本機能があれば十分、しかもnet.USBでハードディスクやプリンタを共有したいという場合には、別々に買うよりも明らかにお得です(ワンセグチューナーなども共有したい場合は直に繋ぐ必要があって、1ポートを使い切ってしまいますので、別途net.USB対応機器を買う方がよさそうです)。

| | コメント (0)

2011年2月 7日 (月)

なんでも無線でどうでしょう。

I-O DATA USBデバイスサーバー(net.USB)ハイスピードモデル ETG-DS/US-HS I-O DATA USBデバイスサーバー(net.USB)ハイスピードモデル ETG-DS/US-HS

発売日:2010/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ノートPCをメインで使う場合、機能を追加しようとするとUSBを使うことがほとんど。

バックアップのためにHDDをつないだり、iPhoneと同期するとか、USBメモリとか、ワンセグチューナーもありますし・・・。

ただノートPCにはUSB端子の数が限られているのがほとんど。
特にMacBook Airなど薄さを売りにするものだと、設計上削られます。

なので、抜いたり差したりも多いですし、ノートPCだけ持って行こうと思うと全部抜かなくてはいけない。ハブを使っても、接続しているUSB機器を「取り出し」してからでないと「安全に接続を切断することが出来ませんでした(-_-)」というメッセージを出しやがります。

あーーー、なんて面倒な!

と思うこともしばしばです。そこで時間の節約。

家庭内LAN上にUSBデバイスサーバを置いて、そこにHDDや対応したUSB機器をつないでおけば、LANを通じてUSB機器を使用することが出来ます。

ノートPCを室内で使っている間はUSB機器の取り外し操作はいりません(もちろん、出かけるとかLAN外に出る場合は、HDDの取り出しなどは必要です)。

ただし、誤解が起きやすい点ですがHDDをつなげば「NASとしても使える」かのように思われますが、付属のユーティリティで使用したいUSBを選択して接続という手順で、他の人が接続していると使えません。したがって、複数のユーザーが同時にHDDを使えるわけではありません。

「1人のユーザーがNASのように使える」というのが正しい表現かも。

Macユーザーだから、というわけではないですがAirMacを使っていまして、AirMacの不満な点と言えば、有線ポートが3つしかない。
いや、無線LANの親機なので、有線LANなんてあまり使わないかと思いきや、最近テレビ周りはLANケーブルをつないだ方がいい機器が増えてます。

31lmii4r4ul_sl500_aa300_

プリンタに、テレビにレコーダー、その他ネットTVのSTBなどなど、その上↑↑のようなUSBデバイスサーバーを繋ぐと・・・全然足りません。Pogoplug→のようなものもちょっと便利そうです・・・。

Pogoplug ブラック POGO-P25

こういうときはハブです。ETX2-SH5S-LAはUSBで給電できるので、コンセントは要らないところが、コンセント不足に悩む自分としてはたまらないポイント。

I-O DATA 100BASE-TX/10BASE-T対応 5ポートレイヤー2スイッチングハブ ETX2-SH5S-LA I-O DATA 100BASE-TX/10BASE-T対応 5ポートレイヤー2スイッチングハブ ETX2-SH5S-LA

発売日:2009/09/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2011年2月 1日 (火)

コンロの後ろには隙間がある。

そうなんす。どうしてもスキマがね。
システムキッチンでビルトイン!なんて格好いい状態になっていれば、コンロのスキマにシメジがダイブしたり、パスタが集団で吸い込まれたりしないし、掃除しにくいところが油でべとべとになったりしないわけです・・・。

 しっかりすきまボード しっかりすきまボード
販売元:セシール
セシールで詳細を確認する

やっぱりこういうのでガードしないとね・・・って思います。その部分には塩やオリーブオイルなんか飾ったらよさそうですし。って思うと、見せるオリーブオイルとか、見せる「ソルト」が必要ですが(≧∇≦)。

2,000円ほどのものですが、ちょっとしたことで暮らしがちょっと良くなるってなことはあるわけで・・・。

今日の一曲:♪シュペリエルな、シュペリエルな〜

 Gift 〜あなたはマドンナ〜 Gift 〜あなたはマドンナ〜
販売元: iTunes Store(Japan)
iTunes Store(Japan)で詳細を確認する

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »