« クーラーつけてもいいんですよ。 | トップページ | 脱原発が経済に与える影響とは? »

2011年7月 5日 (火)

節電推進派と隠れ節電反対派・・・

この記事「秘かにエアコンの温度を下げているのは誰? 世論に抗う“隠れ節電反対派”たちの静かな戦い 」を読みまして・・・。ほんとに極端ですなーと思うのです。

このブログ自体は、基本「節電推進」なんですが、苦労の割に節電効果の低いものはあまりお勧めしたくないところ。戦時下ではないのですから「欲しがりません、なんとやら」では、気持ちや社会生活に別の問題をもたらします。

ソーラータイプで面倒な配線不要!TAN-325 本格ヨーロピアン・ソーラータイプ街灯 ソーラータイプで面倒な配線不要!TAN-325 本格ヨーロピアン・ソーラータイプ街灯

販売元:健康アカデミー
楽天市場で詳細を確認する

例えば、節電のために、ネオンだけでなく街灯まで消してしまうなんて、まるで「灯火管制」です。街灯って何のためにあるんでしょう? 安全のためでしょう? それを単純に「消す」という判断をした担当者はちょっとこいって感じです。昼間の太陽のように明るくて、夜間の人通りゼロだったらまぁ仕方ない話ですが、なぜ節電のために、場合によっては人の命や財産まで危険にさらすのだろう?と。街灯消すなら、罰則の重い夜間外出禁止令も同時に出さないとだめです。「夜間の犯罪はすごく増えたけど、停電の発生を防ぐことができてよかったね」とでも言うのでしょうか・・・。

・・・という具合に「いかに電気を使わない」かだけを考えてすぎて、それが本当に必要なのかは考えないのでは、単なる思考停止状態。でも、そういう例が多すぎるのかなと思いつつあります。

街灯については、消費電力を下げるためLEDへの交換を考えたけれど、夏には間に合わないのでとりあえず消そう・・・という結論に達してしまったのかもしれませんが、「街灯は安全のために消すことが出来ませんので、市民の皆様にさらなる節電を要請します・・・」という形でもよかったかも(それに従うかどうかは市民の自由ではありますが)。市民の安全を考えているのはどちらか・・・という気がします。

さて。

隠れ節電反対派には「東電は嘘をついている。原発が必要だと言うための方便なのだから電気は足りている」と嘯く人も居ます。

まぁ、そういう見方をするのは仕方ないのですが、東電が持っている発電施設の発電可能量=毎日の供給可能量ではありません。発電所は簡単に再稼働できないので、消費電力が上昇すると見込まれる時には予め低い発電量で稼働させておく必要があります。逆に、それほど必要のない時に火だけ入れておくのは、燃料の無駄。今そんなことをしていたら、夏の盛りに燃料の余裕がなくなって、本当に必要なときに供給可能量が下がることもある(何があるかわかりませんから)。

節電すれば東電の売上げはちゃんと下がります。もちろん、節電を止めて、火力の稼働率を上げることで利益率を下げるということもできますが、節電の方がジワリと効くと思いますよ(自分はそういう立場で節電しているわけではありませんが)。

電気をできるだけ使わない生活を目指す、それが脱原発の一歩かなと。

それにしても、マンション屋上への太陽光や屋上緑化を義務づけて欲しいと思いますね。ある程度の助成は必要かもしれませんが、入居者の判断では取り付けられないし、オーナーは無駄な出費はしたくない。でも、東京の空の下にはそんな無駄な屋上がいっぱい。重量などの問題さえクリアすれば設置が進むような方策を考えないと。

うーん、例えばソーラーファンドみたいなもの?

家庭用ソーラー発電/ソーラー発電/ソーラー発電蓄電/ソーラーパネル/ソーラ充電器/家庭用ソーラー発電/家庭用バッテリー/ソーラー発電キット/ソーラーパワー1500 家庭用ソーラー発電/ソーラー発電/ソーラー発電蓄電/ソーラーパネル/ソーラ充電器/家庭用ソーラー発電/家庭用バッテリー/ソーラー発電キット/ソーラーパワー1500
販売元:暮らしの幸便
暮らしの幸便で詳細を確認する

そうでなければ、マンションのベランダに↑このぐらいの大きさのものを置くか・・・しかないなぁ。

|

« クーラーつけてもいいんですよ。 | トップページ | 脱原発が経済に与える影響とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クーラーつけてもいいんですよ。 | トップページ | 脱原発が経済に与える影響とは? »