« 窓にプチプチを貼りました。 | トップページ | 12月は節約に向かない月なのかもしれない。 »

2011年12月 5日 (月)

昼間は日光を入れて部屋を暖める。

昨日、カーテンを洗って外していたので改めて感じたんですが、昼間に部屋の中に日光を取り込んでおくと部屋の気温が下がり切らないんだなーと。まぁ、当たり前なんですけど(^^;)

Img_0297

少々まぶしがりやなのと、プチプチを貼る前はあまりに素通しなので、外が見え過ぎちゃうというのがありましたが、外がほとんど見えないので、カーテン全開にしても気にならなくなりました。

ま、プチプチ貼ってんぞー、って雰囲気満開なんですけど。もともと見えないタイプとは違って、はがしたくなったらはがせるので(水貼りなので跡は残りませんので)、そこはメリットかなーと。

昔の模様入りガラスだと思えば。

このフィルムの別の効果もあるようで、光が乱反射するので、ガラス面全体が光るような感じ。心なしか部屋が明るくなりました。ただし、窓がどちら向きか、光がどのように入るのかによって違うと思うので、参考まで。

- - -

住宅エコポイントで二重サッシは対象でしたが、あれもなかなかよいです。実家で使っていますが、冷え込み方が違うのではないかと。もちろん結露もかなり抑えられてます(完全にゼロではありませんが、ほんのり曇る程度)。もともと、二重サッシにする前は、外が氷点下だと息が白くなるほどで、室内で-2℃(午前11時ごろ)を記録したことがあります。…ま、断熱材の少ない時代だったので、家の設計の古さ所以ですが。

正月の頃になると、暖房を入れてない部屋を「冷蔵庫」代わりに使うぐらい。

その後、床下、屋根裏、壁に断熱を入れ、二重サッシにしたところ、下がっても15〜6℃ぐらいになったので、今は快適。

- - -

話を戻して、プチプチにはそこまで室温を大きく上げる力はないですが、もともと高気密高断熱の賃貸マンションなどであれば、2℃ぐらいはアップしてる気がします。窓際からの冷気のレベルが下がるというか。

それにしても、自分のデスク窓際なんですが、冬はちょっと窓から離れようかなと思ってます。足が冷え冷え。次のチャレンジはコレかな…。

冷気ストップパネルL

●窓ぎわに取りつけるだけで、窓からの冷気(コールドドラフト)を抑え、お部屋の暖房効果を高めます。
●採光性に優れた半透明のプラスチック素材なので、室内が暗くなりません。
●折りたたむと厚さ2㎝になるコンパクト設計なので、使わないときはたたんで収納できます。

|

« 窓にプチプチを貼りました。 | トップページ | 12月は節約に向かない月なのかもしれない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 窓にプチプチを貼りました。 | トップページ | 12月は節約に向かない月なのかもしれない。 »