« Google TVってどうなるんでしょうか。 | トップページ | 月々315円の天気アプリ。 »

2012年1月 4日 (水)

「掃除機最強」ではないかもだけど…


Dyson カーボンファイバーモーターヘッドペットケア(Amazon)

実家には猫がおりまして、この猫の毛が掃除の最大ポイントです。
が、掃除機で完全に取り除くのは無理。実家で使っているのは、ダイソンではありませんが、ハイパワーな輸入掃除機。

宮崎・鹿児島の県境で、桜島の火山灰とか、最近では新燃岳の噴火で降った灰の残り(道路や屋根に残っている)とかが、時々舞います。これが家の中に入ると、床が「ザラッ」としてしまうわけですが、完全に取り除くことが出来ています。

でも、猫の毛は得意じゃない。ヘッドがそういう仕様ではないのですが、そうだったとして、やはり絨毯に絡まったりしている。掃除するそばから猫が動き回るせいもありますけど、猫に掃除機を直接当てるわけにはいかないので(=虐待)、コロコロコロコロします(猫にコロコロするわけじゃないです。)

fitia コロコロクリーナー ブラック W-167BK

猫の毛に関して言えば、コロコロ最強…。電気は使わないし…。

もちろん、粘着シートの交換が必要なので、ランニングコストはかかるのですが、やっぱり掃除機にはまねできない。

床掃除は「拭き掃除」が必要で掃除機には無理と思ってましたが、拭き掃除できるタイプもありますね。

Panasonic 電気掃除機 (遠心分離方式パワープレスサイクロン) シャイニーシルバー MC-SS310GX-S
新ブラシ搭載で、ふき掃除性能アップ!「フローリングの菌までふき掃除※1」 (ふき掃除は、水拭きする機能ではありません。また、こぼした液体などが乾燥して付着した汚れは取れません。)

ヘッドにクイックルなどのお掃除シートを巻き込ませて…という機能ではなく、ヘッドのブラシの表面積を広くして、拭くように掃除できるようになっているようです。

とはいえ、最近の高機能掃除機は6万とか7万とか、結構なお値段。クイックルワイパーで拭いて、コロコロして、フツーの掃除機でホコリを取っちゃえば、それでいいんじゃないかしらーって思うのは私だけ?

そもそも、掃除機が重かったり、取り回しが悪かったりすると使わなくなってしまうのですよね…。ぱっと立てかけておける「スティック型」が一番使いやすい。

Electrolux エルゴラピード・プラス 【サイクロン式 2way コードレスクリーナー】 コッパー ZB2904X

うちの掃除機は15年選手で、いい加減買い換えないと…と思っているので、とりあえずスティック型に買い換えようかな…と思っています。

このエルゴラピードには、リサイクル素材でできたものもあるんだそうで。

Electrolux エルゴラピード・プラスグリーン(ブラック) ZB2904G

ボディの70%にリサイクルされたプラスチックを使用したエルゴラピード プラス グリーン◆リサイクルをテーマに開発された環境にやさしい掃除機エルゴラピードグリーンは、70%再生プラスチックを利用し、85%が再生素材へ再利用可 能、さらに100%再生紙を利用。環境にやさしい製品です。

Zb2904x_bene4_300

グリーンという名前ですが、黒。リサイクル素材なので色は黒以外は難しそうです。

素材がリサイクルという以外には、通常のplusと違いはありません。お腹の部分をパコっとはずせばハンディタイプにもなるようですし(→写真)。

狭い部屋では、収納を掃除機をしまう場所にしてしまうのももったいないので、コードレスで立てかけて置けて、デザインがステキなものだったら、もういいなぁと思うわけです。…性能は二の次。

|

« Google TVってどうなるんでしょうか。 | トップページ | 月々315円の天気アプリ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Google TVってどうなるんでしょうか。 | トップページ | 月々315円の天気アプリ。 »