« "薄型"のプリンターを買いました。 | トップページ | MyMioの注意点。 »

2012年1月22日 (日)

ScanSnapが必要な人と、そうでない人。そうでない人にはADF付きプリンタ。

FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A
操作は実に簡単!原稿をセットして「スキャン」ボタンを押すだけ。両面印刷された社内資料も、カラフルなカラー原稿もワンプッシュでスキャン完了。作成されたファイルは、接続したパソコンに自動的に保存されます。

欲しいなぁ、と思っていたこともありました。散乱する紙資料を減らしてすっきりしたい…と。この機種は、シャー、シャー、シャーとどんどこPDFにして読み込んでいけます、表も裏も。あ、自炊(電子書籍の自作)にも重宝するようです。

ただ、自分の場合は、日々スキャンするのが面倒で1ヶ月分溜め込んじゃうから、ドキュメントスキャナが欲しくなるわけで。

1枚だけのスキャンならいいけど、数枚ある原稿を1枚スキャンしてから「まだありますか? Yes or No」みたいなボタンを押して、次の原稿を入れーの、フタを開けたり閉めたりしながら、あー面倒(これが日々スキャンしない理由です)。

そんな面倒さがなくて、日々簡単にできれば実はそんなに読み込み速度が速い必要はない。電子書籍の自炊もしない。

ということで、先日買ったBrotherのMyMioが活躍中。

BROTHER A4インクジェット複合機 MyMio DCP-J925N

正直なところ、これのADFはのんびりです。シャーーーー、ミュウンミュウンミュウーーー(1枚終わり)。そんな感じ。

ということで「ADFは使わないなぁ」「ADFってなんだろうなー」って人でも、実際にあると便利かも、使うかもと思います。ADFのおかげで連続コピーもできますし。

速度以外にも、両面スキャンはできませんし、スキャナのフタの薄い部分をUターンしてくる仕組みなので写真の連続読み込みも無理。そこまで高性能スキャナではない。

でも、写真をデジタル化したい、そうした思いは最近強いです。去年は津波で多くの写真、思い出が流されました。デジタルデータにしてクラウドに上げていた…ような場合は、流出を免れたわけですが、なかなか古い写真をデータ化するのはしんどいです。

以前、フジカラーのお店に「この写真をスキャンしてデータ化できますか?」と聞いたら「スキャンして焼き増しはできますけど、データではお渡ししてないんですー」とのことで。商売のことを考えると、そりゃそうです…。

多少費用は掛かりますが、そういう方には写真のデジタル化サービス(http://smile-sharing.co.jp/)もあります。実際にスキャナでやってみるとわかりますが、よほどお暇じゃない限り、頼んだ方がいいです(^^;) 読み込んで、ゴミとって、色調整して、なんだかんだとやることいっぱい。

でも、デジタル化するとアルバム普段なかなか開かない人も、iPadで見られたり、再編集して自分だけのフォトアルバムを注文したりできます。

いいなぁ。ってことで、自分も押し入れに眠ってる写真をデジタル化しよう、イヤな思い出も、いい思い出も全部。それは全部、人生だ。

|

« "薄型"のプリンターを買いました。 | トップページ | MyMioの注意点。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« "薄型"のプリンターを買いました。 | トップページ | MyMioの注意点。 »