« 冷蔵庫到着(東芝ベジータ GR-D47F①) | トップページ | au解約、顛末記(まだ解約してない)〜誰でも割解約と更新月の罠 »

2012年2月23日 (木)

やっぱりよく冷える(東芝ベジータ GR-D47F②)

アイス好きです。
一説には、自分が生まれる前、母が無性に食べたくなったのは「アイス」だとか。
仕事帰りに毎晩アイス買って食ってた時期があります(今よりも+20kg)が、今は時々夏でも週1〜2回ぐらいに抑えてます。ちょっと安売りの時に小さめのカップを常備したい気持ちに、代わりはありません。

今までは、冷蔵庫が小さいこともあり、炊きたてご飯の冷凍もするので、アイスを常備しても、柔らかくなってしまうことが多かったのですが、カチカチでした。ハーゲンダッツではないですが出してから5分ぐらい放置してもいいんじゃないかと思うぐらい。

この機種だと、熱もの冷凍機能のおかげで、アイスに悪影響を与えずにすみます。

Atumono

このD47Fはトレイがアルミに変わっていますが、キホンは同じ。上段冷凍庫で熱ものを冷凍するので、下段冷凍庫への影響が少ない。ただ、ご飯を5合炊くととても入りきらないので、下段の上段にアルミトレイ(これも付属している)を敷いて一気冷凍しました。

Img_0581

コースとしては熱もの冷凍(上段)と一気冷凍(下段)があるんですが、ほぼ同じような急速冷凍なので使い分けでよいと思います。

→は下段冷凍庫の上段(わかりにくい)です。一気冷凍はここで行われます。右の銀色のがアルミトレー(付属)で、その下に保冷剤を挟んでます。

保冷剤を使うときのためにいつも入れていて、庫内での置き場に困ったのですが、熱々のご飯を上段トレイのアルミトレーの上そのまま並べると下段になんとなくほんわか温かさが伝わってしまうので、この保冷剤を壁にしてます。冷え方も急速になりますし、悪い方法ではない…と思います(ちなみに以前の冷凍庫でもこれで仕切ってました)。

Img_0582

この下段冷凍庫の上段を一気冷凍のために空けておかないといけません。下段冷凍庫を開けるたらパッと取り出せそうなのにもったいない…と思いきや、なぜか下段冷凍庫を開けると、上段が止まって下が先に出てきます(^^;) 保冷剤を入れる前からそうなので、そういうものなのかな。

とはいえ、下段冷凍庫の下段が一番容量があり、保管する場所としては一番冷え方が安定しているので、上段冷凍庫や下段の上段で急速に冷凍したものは、冷凍完了後下段冷凍庫の下段に…というのが流れなので、この動作は変ではないと思います。

なお、冷"蔵"庫は詰め込まない方が冷えますが、冷"凍"庫は詰め込んだ方が冷えます。なので、保冷剤はその間を詰めるのに便利。あとは、製氷機能で作った氷が古くなったらZiplockに詰めて入れてあります。

ジップロック フリーザーバッグ 中 54枚入

食べられないわけではないですが、新しい氷がいいので。といって古い氷をただジャーっと捨てるのはもったいない。いざというとき氷嚢とか食品を急速に冷やしたい時(ボールに入れて湯煎みたいにする)とかに使えます。製氷機能は冬は使わないわ…と思いがちですが、ちょっと多めに氷作っておくと便利。(もちろん製氷を一時停止する機能もあるので、一切使わないのも節電という意味ではいいのかもしれません)

よく冷える…ので弱運転にした方がいいのかな、とも思ったのですが、そこは冷蔵庫のeco機能に任せることにします。そこまで細かく切り替えなくてもよさそうです。

|

« 冷蔵庫到着(東芝ベジータ GR-D47F①) | トップページ | au解約、顛末記(まだ解約してない)〜誰でも割解約と更新月の罠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冷蔵庫到着(東芝ベジータ GR-D47F①) | トップページ | au解約、顛末記(まだ解約してない)〜誰でも割解約と更新月の罠 »