« テレビが少し新鮮、でも何も進化はしていない。 | トップページ | 「NTT東 光固定通信割り引きへ」 »

2012年2月19日 (日)

フレッツ光ライトで得をするのは、NTT?

そもそもの問題は、各家庭のネット環境が高速回線化してその費用も上がりながら、スマートホンやモバイルルーターで外用の回線を持つということも珍しくなくなった現代において(おおげさ)、その回線を100%使っているのか、キミは!という問題なのです。

何を持って100%とするのか、時間を基準とするのか、データ量を基準とするのか、そのあたりも併せて考えなければなりませんが、「定額制」という名の下に、払っている金額は妥当なのだろうか、と思うようになったのであります。

ケーブルテレビ局J:COMなどには同じ回線でありながら、料金プランによって帯域を絞るという形で1Mbps、12Mbps、40Mbps、160Mbpsというプランが用意されていますが、価格設定が細かすぎますし、概ねADSLや光ファイバーより高いので光ファイバーが引けないとかADSLが使えない地域というような事情がない限りは、お勧めできません(とはいえ、auスマートバリューのサービス条件に合致する場合はお得度が上がりますが)。

auがスマートバリューという大幅な割引きサービスをはじめたのは、スマホを自宅に帰っても3Gなど携帯の回線で使う人が多く、それの通信を光ファイバーなどに逃がしたいという意図があり、無線のインターネット回線は有限なのです。

ほとんど家に居ないような人は光ファイバーを自宅に引くのがもったいないので、自分と一緒に移動できるモバイルルーターなどを自宅回線として使うという手もありだなとは思いつつも、その限りある無線インフラを自宅用回線として使うのは気が引けるところではあります…。

それほどのことなら、家庭の光ファイバー回線を公衆無線LANとして提供することで割引きの対象になるようなサービスなどがあればいいなとは思います。しかし、それは以前FONがやっていたこと。そしてあまり流行っていない。やはり、ある程度のインセンティブが必要だろうと思います…。(自宅回線を公衆無線LANにするのはセキュリティ上の懸念があるので、あまり広まらないという面もあります)

FON公式 FONルーター FONERA 2.0n (フォネラ 2.0n) 11n対応無線LANルータ FON2303

auさんやりませんかね。自宅回線をau WiFi化すると割引きしてくれるサービス。と、auのスマホを使っているのにフレッツしか選べないマンションに住む私は思ってしまいます…。

- - -

ちなみに、「あまりネットもしないし、高い光ファイバーを十分に利用しない」という方向けに、NTTではフレッツ光ライトプランという2段階定額制があります。

2,940円からはじめられますが、通信量が多い場合は6,090円となり、通常のプランよりも高くなります。戸建ての場合はいいのですが、マンションプランの場合は、もともと定額上限が2,990円(VDSL方式)または2,660円(LAN配線)。集合住宅に住んでいる場合は、ネットを使わないかどうかに関わらず、フレッツ光ライトへの加入は「罠」でしかありません。だめ、ぜったい。

|

« テレビが少し新鮮、でも何も進化はしていない。 | トップページ | 「NTT東 光固定通信割り引きへ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テレビが少し新鮮、でも何も進化はしていない。 | トップページ | 「NTT東 光固定通信割り引きへ」 »