« フレッツ光ライトで得をするのは、NTT? | トップページ | KYな西友で、冷蔵庫を買ってみる。 »

2012年2月20日 (月)

「NTT東 光固定通信割り引きへ」

フレッツに割引が導入されるかもしれないようです。

NTT東 光固定通信割り引きへ[NHK]

関係者によりますと、NTT東日本は高速、大容量の光回線を使った固定通信のサービスについて、2年以上契約することを条件に月額の基本料金を割り引く新たなプランを、来月から導入する方針を固めました。 戸建て住宅の標準的な契約の場合、1年目の月額の光回線の基本料金は、ポイントでの割り引きも含めると5200円から4400円に引き下げられ、800円の値下げになるとしています。

ほんとかしら、というところと、ポイントも組み合わせて…というのが意外に割引率がしょぼいのかも、という…。いや、頑張っているんだと思うのですけど。

加入電話が減って収入が落ちていて、かつ社員もそれなりに抱えるNTT東西にとっては、光ファイバーは最後の収入源なので、割引くことはないだろうな…と思っていました。

KDDIのように光と携帯電話をセットにすると安くする、ということはNTTにはできない事情があるので、真っ向から対抗するとは思えなかったのですが、長期契約割引の形で導入するみたいです。

ちなみにauひかりには、ギガ得プランなど2年間の契約を前提としたプランがあり、auのスマートフォンと組み合わせるとさらに1,480円を割り引くので、auの携帯を持っている人には依然としてauひかりが得になるようです。

ただしフレッツ導入済みマンションの方が多いという現実もあるので、賃貸マンション住まいには選ぶ余地は少ないのですが。選べない回線。あー、何かに似ている…。

2010年NTT解体―知られざる通信戦争の真実

NTTで実際に大きな利益を上げているのはNTTドコモぐらいで、その利益でなんとか巨大なグループを支えてる歪な状態です。それがドコモのちょっと高めの料金体系の理由なんじゃないか…という気もしてきます。もともとの体質として、十分な安定性のために投資が過剰気味という面もあるとは思います。通信障害が起こったのはちょっとびっくり。でも、利益を十分に設備に回せてないのかも、と考えると納得したり。すべて想像ですが。

値下げはよいとして…NTT大丈夫なんだろうか。

|

« フレッツ光ライトで得をするのは、NTT? | トップページ | KYな西友で、冷蔵庫を買ってみる。 »

コメント

初出は本日付の日刊工業新聞1面です

投稿: | 2012年2月20日 (月) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フレッツ光ライトで得をするのは、NTT? | トップページ | KYな西友で、冷蔵庫を買ってみる。 »