« 電気代1月分の検針、と低めの冷蔵庫 | トップページ | 新生活ならWiMAXだろっ。 »

2012年2月13日 (月)

いつが買い時だろう?〜二八かも。

二八(にっぱち)という言葉があります。
2月や8月は景気が落ち込むという意味なんだそうで、知り合いにお店をしている人が居ますが、1月の後半から落ち込んで2月はヒンヤリ〜、8月も「7月の売れ方はなんだったのか?」というぐらいに落ち込むようで。

なんとなく自分の買い物熱も、年末年始に盛り上がってその後はしばらく財布の紐をしめ、7月にボーナス時期だと大きなものを買って8月はお盆だ、帰省だと、物入りなせいか買い物は控えめ。

そういうことなんだと思います。12月も7月もボーナス時期ではありますが、メーカーもボーナス時期よりもちょっと前に新商品を出していたりして、セール!と言っていても、その後にズルズルと価格が落ちることもあるような。

ソニー デジタルHDチューナー内蔵HDD 500GB搭載ブルーレイディスク/DVDレコーダー AT770T BDZ-AT770T

ブルーレイのレコーダーの値下がりを虎視眈々と狙っているのですが(それ以前に、今使っているものが元気なうちに買う必要があるかどうかも考え中ですが)、今が底値なのかなーと思っているところです。いや、底を売ってまた上がってきているような。

顕著なのはPanasonicのDIGA。新商品発表と同時にフワーっと上昇。

Panasonic DIGA HDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー 500GB ブラック DMR-BZT710-K

その新商品もマイナーチェンジなんですが、すでに旧機種は生産終了しているでしょうから在庫が減って新商品価格に戻る。値下がりをさせないための、マイナーチェンジ機種…ということになると思います。

ま、あちらも商売なので、何かに違反しているわけでもないですが、この商品最初は10万近い価格でした。それが4万円まで下がる。仕入れ値よりも大幅に下がることはないわけですし、最初の仕入れ値もちょっと高かったとして3〜4万円は利益なのかなぁ。

価格統制するよりはマシですが、どうしてそこまで下がってしまうのか?って方が問題のような気もします。それだけ下げないと売れないくらいに、商品に魅力がないのか、価格設定が不釣り合いなのか、下がることを見越して最初の価格をつり上げているのか(といってもメーカーが値段を決めない「オープン価格」なのですが、このオープン価格が曲者)。

AppleStoreの存在によって事実上の価格統制状態になっているAppleを引き合いに出してもしょうがないのですが、Apple製品の場合、そこまで値崩れしないので、買い時にあまり悩む必要がないというメリットもあります(逆に言えば、その値段に不満ならばいつまでも買えないわけですが)。

Macbook

Apple MacBook Air 1.6GHz Core i5/11.6/2G/64G/802.11n/BT/Thunderbolt MC968J/A

ブルーレイのレコーダーにいくらぐらい払えるのか…それは個人によって違うと思いますが、自分としては4万円台が限界かな。全部録画するタイプもあって10万円以上するんですが、そこまでは…。

といいつつも今使っているブルーレイのレコーダーは11万円だった。高かったなぁ当時は。なんかもったいなかった。

|

« 電気代1月分の検針、と低めの冷蔵庫 | トップページ | 新生活ならWiMAXだろっ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電気代1月分の検針、と低めの冷蔵庫 | トップページ | 新生活ならWiMAXだろっ。 »