« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月20日 (金)

逆もったいない

「あー、これまだ使えそうなのに、もったいな〜い」

そういうのって、ものを大事にしているなーと思うのですが、実際にその勿体無いものを活かしているかどうかは別問題。

うちの親(に限らずだとは思うのですが)、まだ使えそう、まだ新しい、結構高かった、そんなことを言って、お土産にもらったお菓子の綺麗な箱、とやらを大事に保管していたりします。

なにに使うか、というとちょっとバラバラになりそうな、レシートとか領収書なんかをいれてみたり、A4の書類を縦に折って収納したりしていますが、どこに行ったかわからなくしてます…。

ラベルとか貼ればいいんですが、綺麗な箱にはなかなかラベルを貼りたくない…って、箱やー!ただでもらった箱やで!

銀色のせんべい缶あたりもよく保存されてますが、数年するとさびて使いにくくなってきます。うちの父も工具入れにしたりしてましたが、整理されていたとは思えません。例えば電動工具などの付属品と一緒にまとめる程度ならばアリなんですが、ねじとかドライバーとか、仕切り無しでは無理。

ってことで、そういう綺麗な箱とやらが手に入った時は、食べ終わったら即破り捨ててます(紙製)。親は残念そうな顔をしているのですが、だって欲しかったらそのお菓子買ってくれば直ぐに手に入るので。

でも、これを盆暮れ正月繰り返しても、また新しい綺麗な箱とやらが積み重なって増えてる。ということで、綺麗な箱とやらに土産物をいれるのはやめて。・゜・(ノД`)・゜・。

汚い箱に入れろとは言いませんがー。

そんな空き箱で部屋が狭くなっては、空間がもったいないぞ…と思うのです。

送料無料 アンティーク 調 本型 収納箱■引き出し型

へやの片付けのポイントというと大げさですが、棚の上や机の上に何も乗っていないだけで、すっきり見えたりするものです。
パソコンのデスクトップ画面にしてもそうですが、テンポラリ(実行中のもの)な書類とかだけが載っていて、それ以外はフォルダに片付けておく…のが鉄則かなと。

あんまりやり過ぎると生活感さえ消えてしまうのですけども。

| | コメント (0)

2012年4月18日 (水)

洗濯乾燥機で空間と時間の節約?

ちょっと里帰り中なのですが、この家、家族5人で住んでたのか…と思うほど、広くはない家。その上、昭和50年代「個室」が重要視された影響で、壁で細かく区切られた間取りで4DK。

しかし、ダイニングキッチンは狭く、北側で昼間でも暗い…という状態だったので、リフォームして2LDKになりました。さらに、風呂場もリフォームして、押し入れを潰して脱衣所を広げました。

その影響…だけでもないのですが、親だけで生活する分には十分な広さではあるものの、子供たちが返ってくると寝る場所にも困る…という状態に。

うーん、微妙に失敗。

しかし、みんなが返ってくるとなんで狭くなるのか?の理由のひとつとして、洗濯物が爆発的に増える…ということです。衣類はもちろんタオルの消費が増える。

そんな洗濯物を干しまくるわけですが、お正月は冬場で乾きにくいし、お盆のころは夕立やゲリラ雷雨でおちおち干していられない時期。それでごったがえしてしまうわけです。

浴室乾燥機とか除湿乾燥機などを使って速く乾かすこともありますが、追いつかないですし、干している間はその場所が占有されてしまいます。ぼくら子供たちが帰省している時は「部屋で何か干している」、それが日常化しているような気がします…。

そう考えると、洗濯乾燥機はそういう洗濯物を干すスペースを節約できるという面もあるのかなと思うのです。

31tqjiyuvml_sl500_aa300_

パナソニック 9.0kg ドラム式洗濯乾燥機【左開き】(クリスタルホワイト)Panasonic ECO NAVI WジェットDancing NA-VR3600L-W

電気代は心配…ですが、ヒートポンプ式は電気代が結構お安いようで。お天道様があるんだしヒーターで乾かすなんて…と思っていたんですが、我が実家は、火山灰も降りますし、黄砂もよく飛んでくる、梅雨の時期も結構長いし、台風がしょっちゅうやってくる…。

そんな理由で、普段から除湿機を使うことが多いのであれば、洗濯乾燥機でこの物干しスペースがなくなるのは結構なメリットのような気がしているのです。

乾燥は夜中にすることで、電気代のピークシフトもできますしね。ということで、ヒートポンプな洗濯乾燥機を検討中です。

| | コメント (0)

2012年4月 4日 (水)

NHKオンデマンドに入ってみました。

120215_nhk_ondmand_ipad

iPadで試聴できるようになった…ということで、NHKオンデマンドの見逃しパックに加入してみました。シンプルにメリットを挙げると、

  • 時間に縛られない
  • どこでも見られる
  • 録画予約していなくても見られる

となります。全部の番組が配信されるわけではないというか、こんだけ?って感じではありますが、自分の見ている番組はカバーしてるので、これでNHKの番組を録画するのはやめました。録画してもテレビの前に座らないと見られないというのは、なかなか番組を消化できない原因だったので。

ほとんどの配信が放送終了の数時間後ぐらいから始まりますが、2週間は残っているので、その間に見られればOK。見られなかったらもういいや、で(特選に移行するので、そちらに入ればさらに長い期間、そして多くの作品を見られる)。

月額サービスなので945円かかります。これは受信料とは別に945円かかります。法律上の制約、民放からの圧力で、受信料はネットサービスに使えない…ということのようです。

民放連次期会長「NHKの同時配信控えて」[産経MSN]

これは、リアルタイムでネット配信する…という話。ラジオで言うところのらじるやradikoのようなサービスのことです。これに対しても民放は批判的。

もちろん法律上の制約…は存在するのですが、本来法律を改正すれば済む話。実際のところは「まだ民放が参入していない分野には参入してくれるな」ということのようです。

そんな民放のオンデマンドサービスですが、黒字化したところもあるみたいです。もともとDVDが発売されないドラマも多いですし、VHS時代の旧作はCSチャンネルでないとなかなか見られなかったので、そういうニーズはありそうです。

フジテレビオンデマンドがiPadに対応[impress]

したということで、料金体系をみましたがNHKよりは複雑。ポイント制のプリペイドサービスって感じでしょうか。見放題パックがある!と思ったのですが旧作でした。

自分の場合は、家のレコーダーで録画してそれを見るということをやめたいのですが、最新の番組を見逃したときに見放題になるサービスはいまのところありません。1本300円やシリーズ1500円というサービス。特別高いわけではないですが、NHKが2週間は見逃しパックで対応しているところからすると見劣りします。

民放局の場合は、地方系列局があるので、系列局の視聴者をキー局がやってるネット配信が奪うわけにはいかない事情もあって、ネット配信の利益を地方に分配するしくみができない限りは見逃しサービスは難しそう。

日本でもサービスの始まっているHulu。今のところは月々定額制で配信中のドラマや映画をすべて見られるサービスですが、アメリカ本国でやってるHulu+のようなサービスになってます。Huluの無料サービスでは、一定期間広告付きで番組配信されるので、利用者はかなり多い様子。そっちがいいなぁ。

Panasonic DIGA HDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー 500GB ブラック DMR-BZT710-K

それまでは、録画がやっぱり必要か…。でも、ほんとに録画したものが溜まっていく…。じゃ、最初から録画しなくてもいいのか、っていうとね、そうでもなく。ただ、テレビでしか見られない状況が面倒。かといって、iPadで録画した番組を気楽に再生できるようなBDレコーダーなども、存在しません(Slingboxとかはまた違う…)。

Slingbox PRO-HD SMSBPRH113

いやはや、テレビなど最初から存在しない…と思えば悩むこともないんですけど、まぁ見ておきたいものは多少あったりするもんで。でも、どうかな、ほんとにそうかな。見なくてもいいんじゃない?的な。テレビにどうしてそこまでお金掛ける?みたいな。

番組を供給する人たちには「1ヶ月にNHK/BS/CS/ネットサービスに合計1万円以上もほいほい払う人はそんなにいない」ということに気づいてほしいわー。1ヶ月2000円で見放題って安いでしょ、ってNHK+民放5局が言ってごらんよ、12,000円だぜ…と思うんですけどね。

と思っていたら、テレビ東京はHuluに番組供給をはじめるらしい。いい傾向。バラエティも配信して欲しいけど(スペシャル番組なんてよく見逃すので)、そこはそこでテレビ東京が地方局に売ってる大事な商品なので、難しいのかな?

Hulu、テレビ東京のドラマとアニメ作品を配信 日本のテレビ局として初のコンテンツ配信[MarkeZine]

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »