« 型落ちか?最新か?〜HITACHIの掃除機 | トップページ | ココマネを使ってみる、の巻 »

2012年9月27日 (木)

写真プリントはラボの方が安い。

キャノンのPIXUS、新機種が発表されました。

Keyvisual

スタイルとしては、今までのモデルを上からプレスした感じ。
正直な感想としては、他社が四角四面なモデルを出す中、PIXUSのアイコン的な形状を維持してるのはわかるとしても、天板形状はフラットな方がいいかなーと(ちょい置きできない)。

Pixus2

 

PIXUSの液晶パネルは立ち上がって本体面に操作用のタッチセンサーが別についていた(→右の写真)のを、タッチパネル液晶に置き換えたことで操作はシンプルになったような気がします。

その代わり、このタッチパネルは上面か前面か斜めの面取り部分に固定されてないといけないので、その面取り部分が広くなって、そこが自分にはあまり美しくないような。

富士山みたいな感じではあるけど、部屋に置いたときには出っ張りに感じるかもしれません。

自分なりの最大の変更点は、背面給紙がなくなったことかもしれません。背面給紙を廃止して壁付けOKになったようです。ただ手差しで厚手の用紙にも印刷ができていたので、欠点と思う人もいるかも。A4やはがきなど定型の用紙しか使わない場合は、あまり気にするところではないですが、今まで手差しがなかったEPSONやBrotherが対応機種を出してきたので、ニーズがないわけではないみたいです(どちら も上位機種)。

Pixus2

おうちでプリントをする人には人気の高いPIXUSですが、さて、印刷コストが安いか?っていうと…安くはないです。

コストアップの第一要因は、インク価格の高騰、というかメーカーがインクにプリンタ本体のコストを転嫁して回収している関係でもともと高いのですが、最近はインクタンクが多色化に伴って小さくなっているにも関わらず「お値段据え置き」な感じ。

キャノンの場合は、値上がり感が顕著なので(これでもエプソンよりマシと言われていましたが)あまり気に入らず、結局Brotherに乗り換えました。

プリントヘッドの掃除のためにインクを大量に使うので、節約しようとして印刷回数を減らしても、次の印刷時にたくさん噴射してしまう(しかも長期間使用しないと詰まる)。これって、インクが売れるためなんじゃないの?…と思ってしまいます。

Ink

そんなわけで、公式の写真1枚の印刷コストも、大容量インクを使っても16円/枚ちょっと、標準インクでは22円/枚です。
Canonに限らず20円/枚で、たぶんこれ以上にコストは下がらないんじゃないかと思います。インクカートリッジの価格次第ではありますが、少量印刷の面からも難しい。

- - -

その点、写真屋さんやラボでのプリントは安くなって、So-netプリントの場合は10円/枚、もっと安いところを探すと5円/枚のところもあります。

おうちプリントの場合は、印刷作業を自分で行うわけですし、時間をお金に換算するとトータルのコストはプリンタの方が分が悪いと言えます。

もちろんA4サイズに引き延ばしたり、自分で、設定を変えながら気に入った色合いに調整して楽しみたいという場合、プリンタは便利ですがその分コストも大。

となると、プリンタに高画質な写真プリントを求めて、メーカーがおすすめする高級機種を買うのもなんだかもったいない気がしてしまうんです。

- - -

41gal4kcwol_sl500_aa300_

我が家でもっぱら文書印刷に使われているBrotherのこちらの機種 J925N。現在底値です。新機種発売前後ということで、旧機種が値下がり中。こちらは同じデザインのままPRIVIOシリーズの下位モデルになりましたがマイナーチェンジなので旧機種でもほとんど問題なしです。

特徴は

  • ダイレクト印刷(SDメモリカードやiPhoneなどからも印刷可)
  • CDレーベルプリント
  • ADF(スキャナの自動給紙装置)←他社では高価格の機種にしかない

マイナーチェンジのJ940Nも共通でCDレーベルプリントが可能ですが、その代わり手差し給紙ができません。かなり厚手の用紙は使えないのが欠点ではありますが、自分の実用上は気になったことがありません。

BROTHER A4インクジェット複合機 MyMio DCP-J925N[Amazon]←※注:9/27現在Amazonは底値じゃないです。

Main_image02_2

今一番気になる↑のNEOシリーズは、発売される11月まで待つ必要があります。こちらは手差し可(CDレーベル印刷はなし)。発売が年賀状時期ギリギリなので、年内の値下がりはあまり期待できないかも。こちらは年明けぐらいが狙い目になるかもしれません。

Brother PRIVIO NEOの特徴は、

  • 天面がフラット
  • ダイレクト印刷(SDメモリカードやiPhoneなどからも印刷可)
  • A3サイズまで印刷可能
  • A4横置きよりちょっと大きい程度の奥行き
  • インクコストが比較的安い
  • さらに上の機種はADFとFAX付き、こちらも気になる。

というところ。NEOシリーズがどこまで下がるかは分かりませんが、1万円台前半になるとかなりお得な機種になりそうです。

|

« 型落ちか?最新か?〜HITACHIの掃除機 | トップページ | ココマネを使ってみる、の巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 型落ちか?最新か?〜HITACHIの掃除機 | トップページ | ココマネを使ってみる、の巻 »