« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月25日 (日)

auスマートバリューはほんとうにお得?

数年前は「auやめようかなぁ」と言っていた私ですが、なんだかんだで継続中。10年くらいになるようです…。それ以前がアステル2年と、東京デジタルフォン→J-PHONE→vodafoneでの4年間なので、最長のおつきあい。

とはいえ、消去法的にそうなっているに過ぎず、新規ユーザーを優遇しすぎているところは以前同様。スマホ時代になって機種変更はどんどん高く、月々の支払いも増えがち。

そんな中、auスマートバリューという目玉の割引サービスが出てきたわけですが、本当にお得なのか。

auスマートバリューのポイントは、

  • auひかり、またはCATVなどのネット接続サービスと電話サービスを契約
  • au携帯電話のパケット定額サービス(LTEフラット、ISフラット)に入っている

といったところ。特に変更をしなくとも、上記の条件に当てはまっている場合は、今よりも確実に料金が減ります。auのパケット定額に入ってる家族が複数居ても、その人数分減ります(au携帯電話の料金から引かれる)。

が、auひかりだけどSoftBankな人、au携帯電話だけど今フレッツな人、CATVに入ってない人…などなどはなんらかの契約変更が必要になります。

au携帯電話ではないという場合は、MNPをする必要がありますがそう大変なことではないかも。

フレッツからの乗り換え。自分の場合はこれにあてはまりますが、実はauひかりが

引けません(´д`)

auひかりにより絶賛お断られ中。何度か申し込んでみましたが、総戸数など条件が合わないようです。となると、CATVのネットとなりますが、これがまた

低速な割に月額料金が高い

がーん。現在、速度100Mbps(実測で30Mbps)のフレッツ+プロバイダで合計4,000円ですが、CATVのインターネットにすると、3,800円で速度15Mbps…、もうワンランク上は4,800円で30Mbpsなので800円UPになっちゃう。

そしてauスマードバリューのためには電話サービスの契約が必須なのでさらに1,330円上乗せ。つまり割引を受けるためには現状の月額4,000円を5,130円にしなくてはならない。

ああ、なんか変。

もちろんauスマートバリューで1,480円割引されて、最終的には3,650円になります。でも、お得になったのはたった-350円。割引のうち500円は2年間の時限付きなので、2年後からは今よりも+150円になってしまいます…。

話が違う。

そうそう、家族にスマホ利用者がもう一人いるとさらに1,480円割引、さらにもう一人…とできますが、他の家族がガラケーだったら割引の対象外。ぽっつーん。

「光」は再び輝くのか NTT東西、大幅割引で顧客争奪狙う 競合2社の反応は?[MSN産経]によると、「光サービス単体を売りたいNTT東西と、光をダシにスマホを売りたい当社は狙いが全く違う」(KDDI幹部)だそうですから。

上記は、2年間の利用契約で最大30%を割引という記事でしたが、これもまた既存利用者はあまり得をせず、そのもそもマンションでの利用者はたった115円の割引。もともと安いという面はあってこれ以上下げられないので、この割引キャンペーンは戸建て向け。

そんなわけで、あっちこっちしましたが、結論

auスマートバリューは現状フレッツ利用者で、 集合住宅に住んでるお父さんだけスマホ1回線ご家庭には関係ない感じ(´д`)

です。

そんなわけでWiMAXを検討中です。


I-O DATA モバイルWiMAXルーター WMX-GWMR

| | コメント (0)

2012年11月22日 (木)

フレッツ値下げ!だけど…2年縛りは損。

NTT西、フレッツ光値下げ 9月に続き12月から[朝日新聞デジタル]

どうやら、そうらしいです。NTT東日本も同様に値下げはしますが「にねん割」という2年ごとの契約を強要する形での値下げ。

2年ごとに契約を縛るサービスは、解約期間以外での解約に違約金を払う可能性があるので、そもそも契約すべきではないものだと思います。かなり長期にわたるようであれば、多少の得にはなりますが。

どうしても、目先の金額が安くなるので、契約してしまいたくなりますが、自分のように賃貸マンションなどだと、退去するタイミングと合わなければ違約金になってしまうので、退去時のコストアップになるだけ。もともと引っ越し時にはお金がかかるのに、そこに追い打ちを掛けるわけです。(持ち家の場合には、あまり問題は起こらないでしょう…)

ビジネスなので、どんな手段を使おうとも構わないのですが、2年間の縛りを繰り返すタイプの契約形態は、脱法…な感じもします(携帯電話の場合には2年を超えてからの解約に対する違約金が違法とされたこともあるようですし)。

NTT西日本の場合は、契約年数によって割引率は違いますが、特に2年縛りのようなものや違約金を設定していません。特に西日本エリアの方が、電力系など競合が多く(関西だとeo、九州のBBIQなど)、経営的にも厳しいという事情があるのかもしれませんが、ユーザー目線に近いのは好感が持てます。

NTT東日本の場合、競合になっているのはauひかりぐらいで、auひかりも同様に2年間契約縛りで割安な設定(ギガ得プラン)をしていますので、この程度の割引サービスでOKと踏んだのでしょう…。

ただ、新規顧客を増やすには一定の効果はあるかもしれませんが、新規顧客の割安分を既存客が割高に負担しているように感じる点もあり(縛りはないですが)、モバイル通信会社でも同じようなことをしているので、対抗策としては「?」マークです。

個人的には、フレッツやめようかと本気で考え始めました。
かといって、他のサービスが選べないんですよね…。悩む。

やっぱりホームWiMAXしかないか…。
引っ越しても(電波が入ればそのまま使えるので)2年縛りしたとしても有効なんですよね…。もちろん旅行時、持ち運びもできるし。
…って↓は据え置き用ですが。


日本電気 ホームWiMAXルータ AtermWM3450RN PA-WM3450RN(AT)

| | コメント (0)

2012年11月15日 (木)

なぜ???「初期不良→即廃棄」

Amazonのレビューを見ていると、時々驚きます。

「届いたら壊れてました…。最悪です。安かろう悪かろうですね。諦めて捨てました。もう2度と買いません。」

文面は同じではありませんが、こんな感じ。

なぜいきなり捨てる…(゚Д゚)

主に家電品で見かけるのですが、普通の商品であれば開封後すぐに発生するような初期不良は通常は交換対象です。パッケージを開けたら返品できない…とは別の話。

どこに連絡したら良いかわからない…ってことかもしれませんが、保証書などに記載されている連絡先や、メーカーホームページ、たしかAmazonでもよいはずです(メーカーに連絡するようにとなっている商品もあります)。
大抵数千円レベルの格安品なので、すぐ廃棄しても気にならないのかもしれませんが、実にもったいない。

この手のコメントを書く背景には、どんな商品にも初期不良にあたったことがない、ということなのかなと思います。それだけ、どんな商品も品質が上がっているということなのかもしれませんが、それでも初期不良はありえますので、初期不良があるからといって、すべての商品の品質が悪いわけではないのです。

自分の経験した範囲でも、キャノンのプリンタを買ってインクをセットしようと思ったらプリンタヘッドがぴくりとも動かないとか、イヤホンを買ったら中の配線が右と左入れ替わってたとか、バッテリがいきなり充電できないとか…大手メーカーでもなくはないです。

レビューの中には「何度交換してもだめでした」ということもあって、これは初期不良とは言えないレベルですが(まれに、その家の電圧が低すぎたりすることもあるので、相性が悪いのかもしれない)、買った商品がまっとうに使えないというのは、あまりよろしくありませんので一度は交換した方がよいと思います。

でもって、そういった交換をしないままに「この商品は悪い」という評価を付けて終わる…というのは、もったいないを通り越して、なんだか悪質なような気もします。

はっ、もしかして、この手のコメントって、ライバル会社の営業妨害なのかな…と思うぐらい。日本に限らないのかもしれませんが、レビューがレビューになってない…ということが多いので、それを見極める目を養う必要もあるのかも。

Amazonベーシック SDHCカード 32GB class10

AmazonのPB商品であるSDカード。お安いです…。

メモリカードなどは、初期不良が出てくる可能性がちょっと多いかなという印象ですし、急にパタッと書き込めなくなることも。東芝製やトランセンドなどは「5年保証」「永久保証」など故障した場合に交換できるものも多い(記録したデータは保証されません)ので、そういった意味での安心料があるかどうか…なんですかね。

子供の写真とかビデオとかが消えちゃうのはちょっと心配。こまめにバックアップを取っておきたいですが、ただ、壊れる時は突然なので間に合わないことも。無くしたくない思い出は、別々の2台のカメラなどで撮っておくと安心かも…。

| | コメント (0)

2012年11月12日 (月)

ココマネを使って1ヶ月。

Logo_2

ココマネ - NTT MEDIASUPPLY CO., LTD.

こちらを1ヶ月使ってみました、あ、今のところ使い続けています。
ポイントはiPhoneのカメラを使ったレシート入力です。

 

が、そのためには月315円のプレミアムサービスに入らないとダメです。
節約している人にとっては、この部分が「うーん」と唸るところですが、気楽に付けられるということをメリットと感じる場合はアリかも。

自分の場合は、この機能があっても、ため込んでしまったところです(ずぼら)。
もう1ヶ月試してみて考えます。

PCとiPhoneで連携できるサービスではあるのですが、残念ながらレシート入力以外は特別使いやすさを感じないのが気になるところ。

Kantan

ぱぱっとカンタン入力は、単品購入時はそれほど気にならないものの、複数入力しようとすると面倒。左端に上の行の内容を全コピーしてくれるボタンがありますが、ほんとに全部コピーなので、金額、商品名を都度修正。かといってコピーしないと日付やお店などを都度入力。

…これは一例で、機能がチグハグな気がします。

自分に限ったことではありますが、レシートや入力を数日(自分は数週間)サボった時に、過去に対しての入力や、戻って修正する方法がわかりにくく、あれ金額が合わないぞ?となったときに、その原因を見つけるのも難しい。

まぁ、今までExcelで表を自作して入力していたので、自分の使いやすいようにしていたために、一般的な家計簿システムとの間でズレが生じているのかもしれません。

なんとなくですが、今月でココマネはやめちゃいそう…です、レシート入力は便利なんだけどなぁ。
新しい自分にフィットするExcel表を作った方がよさそうと思い始めているところなのです。

※注:ただし、それなりのユーザーがいて、きちんと使われている方も大勢いるのでこれは「慣れ」の問題だとは思います。システムの乗り換えとは概してそういうもので、自分にあうものを探し始めると、結果的には「なんなら自分で作れ」になってしまうものなのです。by システム屋さん

| | コメント (0)

2012年11月10日 (土)

水道の元栓をちょっと絞るという節約。

Water

いきなり図ですが。
うちのシンクの水道は水が出すぎるのが欠点。
といっても、もともと強いのではなく、浄水器を付けたら、シャワーモードの時だけ強くなっちゃったのです。

たぶん浄水のためには適度な圧力がないといけないので、内部的に水圧が上がるようになっているのではないか…と思ったのですが、水圧の弱いアパートならまだしも、それなりの水圧がある場合は、跳ね返りで顔にまで水を浴びてしまいます。

さらに、クルクル回す水栓ではなく、跳ね上げ式なので勢いで跳ね上げてしまって「バシャー!」になるわけです。

ということで、シンクの扉の中にある水栓をちょっと締めてみました。めいっぱい蛇口を開けても、それなりの水量しか出ません。

節水になるかどうか…はともかくとして、出過ぎるということは防げるような気はします。

↓その商品はこちら。Amazonレビューでも「シャワー時の水圧がすごい」と評判(あまり良い評判ではないのですが、元栓を調節できればあまり気になりません)。


三菱レイヨン・クリンスイ 蛇口直結型 浄水器 クリンスイCSP601 CSP601-SV

カートリッジの交換時期が一目で分かるのでとても便利。交換目安は6ヶ月ですが、うちもそろそろ変えなくては(・∀・)

節水定番は洗い桶…なんですが、シンクが小さいのでうちでは導入してなかったんですが、たためるシリコン洗い桶があるんですね。

Amazonで検索するとビタミンカラーが多くて「白」があんまりないんですが、3,000円くらいするようです。おお。それでも野菜洗ったり、皿を付け置いたりすることで、水を節約できるはず…ということで、購入します!


アスベル ポゼ シリコン洗い桶 W

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »