2013年10月20日 (日)

無印良品週間終わる、配送料無料始まる…。

あれ…。

C13101802_131018

はじまりましてよ、おくさん。

2万円以上お買い上げの場合とはなりますが、モノによっては無印良品週間よりもお安くなりますので。

4548076742418_02_400

フラットヒーターのこたつとかいいですよね。

楕円こたつ・本体・タモ材曲木脚・フラットヒーター
こたつといえば、昔ながらのぐるぐるが仕込まれているタイプが主流で、それも段々薄く薄くなってきて邪魔ではなくなってきましたが、最新型としてはパネルヒーターのようなものが仕込まれているものも増えてきました。

こたつより暖房機でガンガン温めたくなりますが、頭涼しく、足あったかというのは、すっきりとした気分で、いろいろと捗ります。またこたつの中だけを暖かくするので、電気代はかなり抑えられます。本当に昼間一人で暖を取るには、どてらを羽織って+こたつベストです。

HeartHeat 平面パネルヒーター付家具調洋風こたつ(75cm正方形)電子リモコン付 ライトブラウン WSY-SP75(LB)
といっても、無印でなくてはならない…というわけでなければ、低価格なものも出ていますね。ただ、明らかに天板がポコポコするというか、軽いというか。

天板が軽いとこたつ布団が落ち着かないと言うこともありますし、ノートパソコンを使っていると冷却ファンの音が共振して「ぶーーーん」となんだかうるさくなることがあります(経験的に)。

かといって、天板の重いこたつは当然ながら全体が重いので、持ち運びにくいという欠点はありますが、それは問題にならなそう。

こたつ類はやっぱり見て買った方がいいのかなと思うと、いまこそ無印良品!かもしれません。


スランケット (袖付毛布/ブランケット) スタンダード168×147cm 正規品 スランバージャック
どてら…なんて言いましたが最近の流行からするとスランケット一族もよさそう。ただ、こたつ生活には丈が長すぎてむかない気もします。ソファーやデスク向けですね。


DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア ヒューマノイドスリーピングバッグ 人型寝袋 ver.5.0 DS-05B Eric [最低使用温度 5度]
暖房使わないぞ!という方にはこちら。わたくしユーザですが、暖かいです(ただし、密閉性のよい部屋なのでそこまで寒くはなかったりもしますが)。多少、サイズ感が難しく、見た目もかなりアレ商品ではありますが、寒さに耐え忍ぶよりもマシです。

ということで、防寒のことを考えるくらいに肌寒いというか、寒いというか。

| | コメント (0)

2013年9月 2日 (月)

FAXの紙代、インク代。

実はFAXを家で使ったことはないのですが…というのも、紙代とかインク代とかバカにならないのかなぁって。

会社では、仕事上使うことが多いものの、それに紛れて迷惑FAXも多数。メモリー機能があるので、印刷せずにデータ化することもできるものの、家庭用のインクジェット複合機だとそれができるものがちょっと少ない。

キヤノン インクジェット複合機 MX923

Canonさんのインクジェット複合機にもメモリー機能はありますが、あまり全面に押し出していなくて、あくまでも紙が切れてるとかインクが切れそうなときに保存してくれて、このときは必要なものを選べるらしい。でも、前提としては「紙とインクがある限り全部印刷!」のようなのです。

迷惑FAXの受信拒否はできますが、これは登録してない番号からのFAXとか発信者番号がないとか…、迷惑電話の拒否と同じ考え方。仕事で使いながら迷惑FAXを受けたくない…という場合にはあまり役に立たない機能です。

本体を廉価で売って高価なインクで利益を回収するというビジネスモデルなので、とにかくインクを使って貰いたいのだなぁ…と思いますが、インクタンクも小さくなってすぐにインクは切れてしまうらしく…。

本体デザインについても、「コンパクトで目立たないプリンタが欲しいなぁ」という要望には応えていると思いますが、どこかふっくらとしていて存在感があるようにも思います。

以前はCanonのプリンタはキレイに出るので気に入っていたんですが、自分の考えとは合わないメーカーになってしまったので、デジカメなどについてもあまり候補に挙がらなくなってきました。


BROTHER A4インクジェット複合機 PRIVIO MFC-J4510N

てなわけでBrother党になっているわけですが「見るだけ受信」機能がよいです。ユーザーに無駄なインクは使わせないようです。
もともとタンク容量も小さくはなく、大容量の互換インクも人気なので、結構長持ちします。

いまのところBrotherにしかないのは、A3対応のFAX付き複合機。かなり特殊な部類になってしまうのか、↑は去年からの継続販売になっています。新機種発表でなぜか一緒に3,000円ほど値上がりしてしまったのでしばらく様子を見た方がよさそうです。

とはいえ、奥行き30cm以下でA4専用プリンタよりも設置スペースがコンパクトという恐ろしい子。Brotherとしても新ジャンルでしたし、発売後1年でレビューなどを見るとまだまだ…という部分もあるようなので

  • A3を頻繁に出したい(文書として)
  • FAXもたまに使いたい
  • 写真レベルの印刷は期待しない
  • スペースは節約したい

という方向け。A4で十分という方には

BROTHER A4インクジェット複合機 PRIVIO MFC-J870N

これでよさそう。さらに、FAXなしモデルでは↓の機種がちょうどいいものになりそうです。今年はベーシックモデルの本体デザインが変わって白対応も増えました。

BROTHER A4インクジェット複合機 PRIVIO DCP-J752N

旧機種もこなれて使いやすいので、どちらもおススメ。


BROTHER A4インクジェット複合機 PRIVIO DCP-J740N

この時期になると毎年プリンタが気になりますが、年賀状などは印刷屋さんもお手頃になっているので、その合わせ技がよいのかな?という気もします。

| | コメント (0)

2012年12月 8日 (土)

携帯電話をお得に「かいかえ」できるのか

通信関係ばかりになっていますが(-.-)

母の携帯電話4年半使ってきましたが、どうも最近調子が良くない。バッテリは毎年新しいものをいただけるので新品ですが、本体の外装(ガワ)はボロボロに。これも、5000円程度を負担することで外装交換できるけれど、やはり見劣りします。

auでは、ここ2年以内に発売された機種向けでは、より少ない帯域で通話音質を良くする機能アップデートがあったのですが、4年前の機種では対象外。どうも聞き取りづらくなっている様子。

電話中に「ごはんは何にするの」「ごみ?ごみが何?」とか、なぞのやりとりが繰り広げられています。

(=_=)。о゚いや、うちの母の耳が悪くなっているのかもしれませんが…。

そうだとしても、例えば聞き取りやすくする機能とかついている機種がよさそう。ということで、買い換えを検討しています。

でも、3〜4万円かかってしまうのですよね…。結構な出費。auですので、iPhoneとかでもいいのですが、使いこなせるんだろうか…。

無理です…。

ということで、ガラケーになりそうです。

URBANO AFFARE グリーン 携帯電話 白ロム au

この機種も昨年の秋モデル。今年はスマホばかりですから…。
Skypeもできるようですし、通話料も少し減らせるかもしれません。

| | コメント (0)

2012年11月25日 (日)

auスマートバリューはほんとうにお得?

数年前は「auやめようかなぁ」と言っていた私ですが、なんだかんだで継続中。10年くらいになるようです…。それ以前がアステル2年と、東京デジタルフォン→J-PHONE→vodafoneでの4年間なので、最長のおつきあい。

とはいえ、消去法的にそうなっているに過ぎず、新規ユーザーを優遇しすぎているところは以前同様。スマホ時代になって機種変更はどんどん高く、月々の支払いも増えがち。

そんな中、auスマートバリューという目玉の割引サービスが出てきたわけですが、本当にお得なのか。

auスマートバリューのポイントは、

  • auひかり、またはCATVなどのネット接続サービスと電話サービスを契約
  • au携帯電話のパケット定額サービス(LTEフラット、ISフラット)に入っている

といったところ。特に変更をしなくとも、上記の条件に当てはまっている場合は、今よりも確実に料金が減ります。auのパケット定額に入ってる家族が複数居ても、その人数分減ります(au携帯電話の料金から引かれる)。

が、auひかりだけどSoftBankな人、au携帯電話だけど今フレッツな人、CATVに入ってない人…などなどはなんらかの契約変更が必要になります。

au携帯電話ではないという場合は、MNPをする必要がありますがそう大変なことではないかも。

フレッツからの乗り換え。自分の場合はこれにあてはまりますが、実はauひかりが

引けません(´д`)

auひかりにより絶賛お断られ中。何度か申し込んでみましたが、総戸数など条件が合わないようです。となると、CATVのネットとなりますが、これがまた

低速な割に月額料金が高い

がーん。現在、速度100Mbps(実測で30Mbps)のフレッツ+プロバイダで合計4,000円ですが、CATVのインターネットにすると、3,800円で速度15Mbps…、もうワンランク上は4,800円で30Mbpsなので800円UPになっちゃう。

そしてauスマードバリューのためには電話サービスの契約が必須なのでさらに1,330円上乗せ。つまり割引を受けるためには現状の月額4,000円を5,130円にしなくてはならない。

ああ、なんか変。

もちろんauスマートバリューで1,480円割引されて、最終的には3,650円になります。でも、お得になったのはたった-350円。割引のうち500円は2年間の時限付きなので、2年後からは今よりも+150円になってしまいます…。

話が違う。

そうそう、家族にスマホ利用者がもう一人いるとさらに1,480円割引、さらにもう一人…とできますが、他の家族がガラケーだったら割引の対象外。ぽっつーん。

「光」は再び輝くのか NTT東西、大幅割引で顧客争奪狙う 競合2社の反応は?[MSN産経]によると、「光サービス単体を売りたいNTT東西と、光をダシにスマホを売りたい当社は狙いが全く違う」(KDDI幹部)だそうですから。

上記は、2年間の利用契約で最大30%を割引という記事でしたが、これもまた既存利用者はあまり得をせず、そのもそもマンションでの利用者はたった115円の割引。もともと安いという面はあってこれ以上下げられないので、この割引キャンペーンは戸建て向け。

そんなわけで、あっちこっちしましたが、結論

auスマートバリューは現状フレッツ利用者で、 集合住宅に住んでるお父さんだけスマホ1回線ご家庭には関係ない感じ(´д`)

です。

そんなわけでWiMAXを検討中です。


I-O DATA モバイルWiMAXルーター WMX-GWMR

| | コメント (0)

2012年11月22日 (木)

フレッツ値下げ!だけど…2年縛りは損。

NTT西、フレッツ光値下げ 9月に続き12月から[朝日新聞デジタル]

どうやら、そうらしいです。NTT東日本も同様に値下げはしますが「にねん割」という2年ごとの契約を強要する形での値下げ。

2年ごとに契約を縛るサービスは、解約期間以外での解約に違約金を払う可能性があるので、そもそも契約すべきではないものだと思います。かなり長期にわたるようであれば、多少の得にはなりますが。

どうしても、目先の金額が安くなるので、契約してしまいたくなりますが、自分のように賃貸マンションなどだと、退去するタイミングと合わなければ違約金になってしまうので、退去時のコストアップになるだけ。もともと引っ越し時にはお金がかかるのに、そこに追い打ちを掛けるわけです。(持ち家の場合には、あまり問題は起こらないでしょう…)

ビジネスなので、どんな手段を使おうとも構わないのですが、2年間の縛りを繰り返すタイプの契約形態は、脱法…な感じもします(携帯電話の場合には2年を超えてからの解約に対する違約金が違法とされたこともあるようですし)。

NTT西日本の場合は、契約年数によって割引率は違いますが、特に2年縛りのようなものや違約金を設定していません。特に西日本エリアの方が、電力系など競合が多く(関西だとeo、九州のBBIQなど)、経営的にも厳しいという事情があるのかもしれませんが、ユーザー目線に近いのは好感が持てます。

NTT東日本の場合、競合になっているのはauひかりぐらいで、auひかりも同様に2年間契約縛りで割安な設定(ギガ得プラン)をしていますので、この程度の割引サービスでOKと踏んだのでしょう…。

ただ、新規顧客を増やすには一定の効果はあるかもしれませんが、新規顧客の割安分を既存客が割高に負担しているように感じる点もあり(縛りはないですが)、モバイル通信会社でも同じようなことをしているので、対抗策としては「?」マークです。

個人的には、フレッツやめようかと本気で考え始めました。
かといって、他のサービスが選べないんですよね…。悩む。

やっぱりホームWiMAXしかないか…。
引っ越しても(電波が入ればそのまま使えるので)2年縛りしたとしても有効なんですよね…。もちろん旅行時、持ち運びもできるし。
…って↓は据え置き用ですが。


日本電気 ホームWiMAXルータ AtermWM3450RN PA-WM3450RN(AT)

| | コメント (0)

2012年2月25日 (土)

au解約、顛末記(まだ解約してない)〜誰でも割解約と更新月の罠

Au_daredemo01

SoftBankの電波の悪さにうんざりして、iPhoneをauに移行したため、au2台持ちという状態になっていましたが、もう一台のauが2月に更新月ということで、解約のためにauショップに。解約の違約金がかからないぞーと思って行ったのですが、罠がありました。

まず結論から。

更新月に解約をするつもりなら、更新月の1日に行け。

でございます。なぜかというと、下記の一文がポイントとなります。

「誰でも割」は廃止のお申し出がない限り2年単位で自動更新となります。なお、更新月の場合は、前月利用分まで割引適用となり、当月利用分は割引適用されません。また、更新月以外は当月利用分まで割引適用となります。

この注意書きの意味がよく分かっていなかったのですが、2月が更新月だと、誰でも割が適用されるのは1月分まで。自分の場合の失敗は「今月いっぱいなら違約金なしでしょー」と思ってたそれは正しかったのですが、今月は割引もなしになります。

誰でも割のメリットというと、

  1. 基本使用料が半額
  2. 家族割併用で、家族間通話が24時間無料(※)

ということなのですが、これが2月に解約するとなし。1月まで。
つまり翻訳すると、2月の基本使用料が普通に戻ります。ただし、年割+家族割が契約されている場合はそれが効いている状態になるので、長期契約者はあまりかわらないかもしれませんが。

2番が問題で、家族間通話を2月にしまくってしまうと、違約金よりも額が増える…ことがあるということです。自分の場合は家族間通話が15,000円超えていたので、

アウトー

自分の場合は3月1日に違約金を払って解約した方が安いことになりました。いえーいと思っていた気分が台無し。小さい文字系は怖い怖い。

ちなみに、解約の場合は基本使用料・オプション使用料は日割りなので、基本料のほかに、EZWeb利用料、 安心ケータイサポートなどが日割りになります。

ただし、パケット定額の定額料は日割りにならないので、更新月の前月までにダブル定額などは解除をしておくのが吉です(1日しか使わなくても4千円かかる)。で、更新月の前の日に電源OFFなどをしてしまうでもよいでしょう(電波OFFでもよい)。

つまりは、更新月の前の月までに、いろいろ済ませておくべきのようです(-_-)。

***

うまくやれば0円だったとはいえ違約金の9,975円以上の得をしているというのも事実です。家族間通話無料の定額料がこの4年間(2008年開始)で9,975円だったと思えば済む話。48ヶ月で割れば月々207円です。指定通話定額よりも安い。その4年で無料になった家族間通話は20万円以上だと思います。すごいことです。これがあったからこそ、家族と長電話ができる。遠くに離れている家族にとっては命綱でもある。ま、震災の時はメールがなかなかこなかったですけども(^^;) あのときはSkype。

Skype公認・TECO Skype電話機(XS2008CA)

家族間通話無料にはSkypeもいいですが、PCを持たない場合には…と思っていたら、これ結構いいかもしれません。設定してセッティングすればOKですね。ちなみにうちの家族にはMacを持たせてます。ようやくネットで検索をするようになりました。

APPLE MacBook Pro 13.3/2.4GHz Core i5/4G/500GB/Thunderbolt MD313J/A
MacBook Airとかでもいいのですが、画面付きで話をしているとちょっと熱くなってくる(処理が重くなる)のが気になるので、MacBook Pro以上がおすすめ。

| | コメント (0)

2012年2月20日 (月)

「NTT東 光固定通信割り引きへ」

フレッツに割引が導入されるかもしれないようです。

NTT東 光固定通信割り引きへ[NHK]

関係者によりますと、NTT東日本は高速、大容量の光回線を使った固定通信のサービスについて、2年以上契約することを条件に月額の基本料金を割り引く新たなプランを、来月から導入する方針を固めました。 戸建て住宅の標準的な契約の場合、1年目の月額の光回線の基本料金は、ポイントでの割り引きも含めると5200円から4400円に引き下げられ、800円の値下げになるとしています。

ほんとかしら、というところと、ポイントも組み合わせて…というのが意外に割引率がしょぼいのかも、という…。いや、頑張っているんだと思うのですけど。

加入電話が減って収入が落ちていて、かつ社員もそれなりに抱えるNTT東西にとっては、光ファイバーは最後の収入源なので、割引くことはないだろうな…と思っていました。

KDDIのように光と携帯電話をセットにすると安くする、ということはNTTにはできない事情があるので、真っ向から対抗するとは思えなかったのですが、長期契約割引の形で導入するみたいです。

ちなみにauひかりには、ギガ得プランなど2年間の契約を前提としたプランがあり、auのスマートフォンと組み合わせるとさらに1,480円を割り引くので、auの携帯を持っている人には依然としてauひかりが得になるようです。

ただしフレッツ導入済みマンションの方が多いという現実もあるので、賃貸マンション住まいには選ぶ余地は少ないのですが。選べない回線。あー、何かに似ている…。

2010年NTT解体―知られざる通信戦争の真実

NTTで実際に大きな利益を上げているのはNTTドコモぐらいで、その利益でなんとか巨大なグループを支えてる歪な状態です。それがドコモのちょっと高めの料金体系の理由なんじゃないか…という気もしてきます。もともとの体質として、十分な安定性のために投資が過剰気味という面もあるとは思います。通信障害が起こったのはちょっとびっくり。でも、利益を十分に設備に回せてないのかも、と考えると納得したり。すべて想像ですが。

値下げはよいとして…NTT大丈夫なんだろうか。

| | コメント (1)

2012年2月19日 (日)

フレッツ光ライトで得をするのは、NTT?

そもそもの問題は、各家庭のネット環境が高速回線化してその費用も上がりながら、スマートホンやモバイルルーターで外用の回線を持つということも珍しくなくなった現代において(おおげさ)、その回線を100%使っているのか、キミは!という問題なのです。

何を持って100%とするのか、時間を基準とするのか、データ量を基準とするのか、そのあたりも併せて考えなければなりませんが、「定額制」という名の下に、払っている金額は妥当なのだろうか、と思うようになったのであります。

ケーブルテレビ局J:COMなどには同じ回線でありながら、料金プランによって帯域を絞るという形で1Mbps、12Mbps、40Mbps、160Mbpsというプランが用意されていますが、価格設定が細かすぎますし、概ねADSLや光ファイバーより高いので光ファイバーが引けないとかADSLが使えない地域というような事情がない限りは、お勧めできません(とはいえ、auスマートバリューのサービス条件に合致する場合はお得度が上がりますが)。

auがスマートバリューという大幅な割引きサービスをはじめたのは、スマホを自宅に帰っても3Gなど携帯の回線で使う人が多く、それの通信を光ファイバーなどに逃がしたいという意図があり、無線のインターネット回線は有限なのです。

ほとんど家に居ないような人は光ファイバーを自宅に引くのがもったいないので、自分と一緒に移動できるモバイルルーターなどを自宅回線として使うという手もありだなとは思いつつも、その限りある無線インフラを自宅用回線として使うのは気が引けるところではあります…。

それほどのことなら、家庭の光ファイバー回線を公衆無線LANとして提供することで割引きの対象になるようなサービスなどがあればいいなとは思います。しかし、それは以前FONがやっていたこと。そしてあまり流行っていない。やはり、ある程度のインセンティブが必要だろうと思います…。(自宅回線を公衆無線LANにするのはセキュリティ上の懸念があるので、あまり広まらないという面もあります)

FON公式 FONルーター FONERA 2.0n (フォネラ 2.0n) 11n対応無線LANルータ FON2303

auさんやりませんかね。自宅回線をau WiFi化すると割引きしてくれるサービス。と、auのスマホを使っているのにフレッツしか選べないマンションに住む私は思ってしまいます…。

- - -

ちなみに、「あまりネットもしないし、高い光ファイバーを十分に利用しない」という方向けに、NTTではフレッツ光ライトプランという2段階定額制があります。

2,940円からはじめられますが、通信量が多い場合は6,090円となり、通常のプランよりも高くなります。戸建ての場合はいいのですが、マンションプランの場合は、もともと定額上限が2,990円(VDSL方式)または2,660円(LAN配線)。集合住宅に住んでいる場合は、ネットを使わないかどうかに関わらず、フレッツ光ライトへの加入は「罠」でしかありません。だめ、ぜったい。

| | コメント (0)

2012年2月 2日 (木)

月額ものを止めていく。

月額サービス系の断捨離、と言いますか、だらだらと続けているわりに、無駄になっているようなものをやめていってます。先月はWiMAX、その前はスカパー!。それぞれ月に3,800円、1,500円ほどづつ流れていたので。次はWOWOWかなぁ。

誰にでもできる範囲では、携帯電話の月額サービス系のもの。どこかのサイトに登録しっぱなしになっていたりしませんか。請求書を見て確認してみたいもので。自分の場合は、いまのところないのですが、加入時に「オプション加入必須」とか言われて入らされたもの、結構忘れていることがあります。これもチェック。

Au

ところで、auのロゴ変わりましたね。auユーザー9年目としては、前のロゴも嫌いでなかったのですが、まぁまぁいいかな。慣れたらよさそうです。

そんなau。料金が比較的安い。

「安いといえば絶対的にSoftBankでしょう」と思われがちです。通話しない場合は間違いないですが、ほとんどの人が加入するホワイトプランの980円には無料通話分がないので、SoftBank以外の人に通話した場合の料金が意外に大きい。自分の経験的に、うっかり21時を過ぎた分なども含め、通話料が3,000円近く請求されたこともあります。iPhoneを通話に使わない…と割り切れるならばともかく、通話するなら無料通話分のあるプランを使いたいかも、オレンジプランとか。

でもそうなると、auのiPhoneでもいいじゃんと思うわけです。パケット定額料がSoftBankより500円高くても、プラン次第では通話料分でSoftBankより安くなることもあるので、比較してみるのもよさそうです。

ただし、auのiPhoneは、いまのところリアルタイムにメールを受信できないという欠点があるため、メールをよく使う人にはお勧めしにくいですが(2012年3月までには改善予定)。iMessage、FaceTimeは次のiOS5.1待ちのようです(ベータ版では有効になっているので)し、はっきりしてないのはMMSですね。アドレスとかどうなるんでしょうか。

あとすごい大問題のように言われるのがCDMAは通話しながら通信できない…ということ。通話中にメールの新規受信などができないとか、ページ読み込み中に電話が掛かってくると通信が切れて電話が優先されるのですが、実際はあまり困らず。

というのも、WiFiエリア内の場合は通信と通話が同時にできるので、自宅や会社などでは困らないのです。外に出かけている時に地図を受信しながら…なんてことができないという問題はありますが、地図データを内蔵しているタイプのアプリだとそういう問題もほとんどなく。

MapFan for iPhone - INCREMENT P CORPORATION

MapFan for iPhone - INCREMENT P CORPORATION

もちろん、WiFiルーター的なものがあれば常にWiFiエリアを持ち運べるのですが。

日本電気 モバイルWiMAXルータ AtermWM3500R シルキーホワイト PA-WM3500R(AT)W

これがあれば通話中にGoogleMapなども使えますが、それよりは地図データを内蔵したアプリを使った方が安い…です。

| | コメント (0)

2012年1月28日 (土)

携帯端末3台という状態を解消したい。

財布が膨らみすぎた!と思って、数年前にSuicaとEdyとQUICPayとSmartPlusを携帯電話に突っ込みました。確かに小銭ジャラジャラ出さなくていいのは便利。

でも、今、携帯電話のおサイフ機能をすべてやめてフィーチャーフォン(ガラケー)を解約できるようにしようと思ってます。iPhoneユーザーですが、電話とおサイフのためにガラケーと2台持ちという状態を、早く解消したいのです。基本料も1,500円ぐらいかかりますし、2月がちょうど解約違約金が掛からない月…。ガラケーの方が長く使っている電話番号ですが、もう昔の友人がかけてくることもないでしょう。仕方ない(-_-)。

携帯2台から抜けたい理由は、さらにWiMAX端末も持っているので、出かけるときに持つ携帯端末が多すぎるから…(^^;)

日本電気 モバイルWiMAXルータ AtermWM3500R プラチナブラック PA-WM3500R(AT)B

店頭で年間パスポート加入で端末1円となってますが、毎日使わない場合はトータルコストが掛かりすぎるので、Amazonなどで端末をそれなりの価格で買って1日600円コースを申し込んだ方が、お得かもしれません。

ただ、月額3,800円を自宅回線の代わりにするのも最近多いようで。自宅にサーバ的なものがなければ全然OKです。ADSL回線引くよりも簡単・早い。ADSLは自宅までの回線の質が問題で、建物が古いとそこでスピード低下することもあるので、WiMAXの端末を借りて、自宅の電波状態がよければ、自宅回線代わりによいかも。

年間パスポートを申し込むならば、キャッシュバックなどがあるところから申し込む…というのがオススメ。

自分は店頭でiPadを買うときに同時申し込みしましたが12,000円もキャッシュバックはなかったな…。いいな…。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧