2013年4月14日 (日)

濡れても平気なラジオ

41yt9ka1izl_sl500_aa300_

【LEXON FM/AMラジオ】TYKHO RADIO Desing Marc Berthier ホワイト LA42 W

このラジオを買ってみたのです。プレゼント用なのですが。
母の日とでも言いましょうか。

こんなに、パッと見て何が何かよくわからないラジオも最近珍しいと思うのですが、全面の4つのボタンが、AM/FM、そして音量。天面に電源、そしてアンテナ、とその根元がチューニング。

この根元のチューニングは、シビアです。関東であれば、NHK第一からラジオニッポンまで一気に移動できるぐらいに短い。その中に、NHK第一、第二、FENじゃないやAFN、TBS、QR、LF、RF…と、その途中に海外からの雑音。

あまり電波状況のよくない局はあっという間にすぎさるかもしれません。

しかし、それは、ラジオマニアな聴き方。地方でラジオを聞く人…となると、これで十分だったりします。

3大都市圏あたりだと、片手では収まらないぐらいの局が放送を行っていますが、地方は、民放AMが1社、民放FMが1社、NHKが3波、そんな感じ。あとは砂嵐か、お隣の県がかすかに聞こえるか、またはお隣の国の放送が国内の局よりもよく聞こえる程度。

その間をいったりきたりすることもほとんどなく、うちの場合は地元MRT1択。一度チューニングを合わせれば、もうおわりです。ずーっとそのままってことが多い。

いやぁ、深夜に関してはNHKにすることもあるだろう…と思ってたんですが、意外にオールナイトニッポンを聞いていたりもする60歳女性です。

防滴仕様なので、お風呂等でも使えます。台所でも。

 SONY シャワーCDラジオ CD74 ブルー ICF-CD74/L

以前は↑のソニー製シャワーCDラジオを使用していましたが、しっぽ=FMアンテナが切れてFMが聞けなくなりました。一度修理に出したけど、帰ってきて数ヶ月でまた切れたりして。

というか、お風呂ラジオのFMアンテナはこれが多いんですが、どうかと思うのですよ。確かに窓ガラスなどに付ければ劇的に受信感度が良くなるんですが、細くてネジ止めでもないので、軽い力でブチンって切れます(私の場合は、脚で踏んずけてるのに運ぼうとしたんですけどね。ああ、足が短いって、ええそうですとも)。本体8,000円で修理代は3,000円…。本体が安いのか、修理代が高いのか…。

そんなわけで、にょろんとFMアンテナが出ていない構造のお風呂ラジオを探し求めて、結局ティコラジオにたどり着きました。

20786010094

ちなみに防滴ラジオですと旧名ミリバールっていうのもありましたが、いまはなく。
現在はこちらの無骨なタイプになっています。AM専用で畑などで大活躍することでしょう。AM専用なのでにょろーんもありません(^_^)/

SONY AMワイドカバー ポータブルラジオ ICR-S71

最近はスマホでラジオが聴ける時代ではございますが、地震もいつ起こるか分かりませんので、こんなアナログなラジオも一つ防災用品の中に入れておきたいですねと。その際は、電池は抜いておきましょう。液漏れして、肝心なときに聞けなくなりますよ。

| | コメント (0)

2012年1月 2日 (月)

radiko+twitter時代のiPhone用のスピーカー。

JBL ON AIR WIRELESS iPod/iPhone用 AirPlay対応Dockスピーカー

やっぱり欲しいiPhone用スピーカー。
impressのレビューを見ていても、AirPlay対応というのは便利そうだな…と思っていたところですが、twitterでつぶやきつつのradikoを聞きーの、という場合にdockから外して操作しながらでも音が聞けるというのは、いいな…と思います。

iPhoneには入ってないけれどiTunesに入っている曲をAirPlayで飛ばして再生できたり、もういろいろです。

もちろん寝ている間などには充電台に置いて、ラジオを流しながら眠ることも可能なわけで、iOS5以降のDockケーブルでPCと接続しなくても同期できるという状況と合わせると、充電も楽々なわけです。

WiFiにさえ繋がっていればスピーカーから音が出せるわけで、同様にワイヤレスにできるBluetoothよりも接続が安定しているのが○。音質的にもAirPlayはデジタルで非圧縮なのでクリア。

非圧縮なだけに多少音が遅れてしまうという問題(※Dockの場合はアナログ接続で遅延はない)と、本体の時計機能はACアダプタを抜くとちょっとずれるということ、多少お値段が高い…ということはありますが、AirPlay対応はやっぱりいい。

何か節約ポイントがあるかな…と思ったんですが、スペースの節約でしょうか。大きなステレオもいいですが、小さい部屋にはこのコンパクトなサイズがいい。ベッドサイドにも、キッチンにも。

JBL AirPlay対応 iPad/iPod/iPhone用スピーカーJBL ONBEAT AIR ONBEATAIRJ

ディスプレイがない分、こちらのスピーカーの方がちょっとお安い。和装の前合わせのようなスタイルがちょっと面白いですが(お雛様みたいな)、iPadにも対応するところがいい。ああ、どちらにしよう。

| | コメント (0)

2010年10月 6日 (水)

AM派、だけど受信が難しい。

ブログネタ: ラジオはAM派? FM派?参加数拍手

深夜のお楽しみといえば、AMラジオだったかなと。宮崎に住んでいたけれども、オールナイト2部を聞くために、KBC(福岡)やニッポン放送に合わせるということはよくありました(午前3時になかなか起きてられないので予約録音で)。

今はニッポン放送のお膝元に住んでいるので、受信が大変・・・ということはないのですが、ニッポン放送(1242kHz)以外は周波数が下がるほどにノイジー。

文化放送(1134kHz)がなんとか聴ける限界で、TBSラジオ(954kHz)はほぼ聞こえない。AFN(昔のFEN・810kHz)はなんとか復活、NHK(594kHz)も場所を選ばないとブーブー鳴ってだめ。

それもこれも、コンピューターとかノイズを発生するものが増えちゃったかららしいです。家の中にはそういう機械がゴロゴロしてますし。

【送料無料】radio SHARK 2(輸入版) 【送料無料】radio SHARK 2(輸入版)

販売元:ビザビ 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

↑のようなUSBでつなぐチューナーを使って、パソコンで録音できるようになったのでとっても便利・・・でもAMはやっぱり聞き取りにくい。

radikoでそういう問題は少なくなったとしても、AMラジオっぽい音も捨てがたい。

| | コメント (0)

2010年6月25日 (金)

ラジオの実況の方が好き(7960.4)

今日は6.1kWh。わーーーーーー、決勝トーナメントー。
ずーっとラジオでした。radikoではなく、ラジオ。

放送はAM/FM含めてネットワークを越えて放送されますが、3試合はそれぞれAM局の持ち回りで実況担当だったようです。今日はTBSアナウンサーの清水大輔さんで、前回がニッポン放送のケムケム、その前が文化放送アナウンサーののび太さんだったような。

SONY FM/AM/ラジオNIKKEIポータブルラジオ ICF-EX5MK2 SONY FM/AM/ラジオNIKKEIポータブルラジオ ICF-EX5MK2

販売元:ソニー
発売日:2009/02/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

実はあんまりテレビでボールを追うのは苦手で、テレビで見るときも音を消して、ラジオの実況をかけます。ラジオも配信されている映像を見て実況するので、多少タイムラグがあるんですが、アナログ電波なので気持ちデジタルテレビより早いように思います。

ただ、シンクロさせるのは難度が高い・・・。わざと遅らせることになるので、外から聞こえてくる「うぉー」の方が早くて、それもいやだし。

てなことで、結局ラジオだけを聞いて、聞けば見えてくるです。頭で想像した試合と後でニュースで見る映像は全く違うんですがー。

とりあえず今日は少し眠い。

| | コメント (0)

2010年4月27日 (火)

FM東京〜♪とJFN(5708)

TOKYO FMが40周年だったんですねぇ。僕が関東に住み始めたときにはすでに「TOKYO FM」と呼ばれていたわけですが、宮崎に住んでいたときだってFM東京制作の番組を聴いていたわけで、昨日の特番での音源はやっぱり懐かしい感じでした。

FM東京がFM界を独占していたころに比べると相当勢いがなくなってしまっていますが、この4月から急激に生き返りつつあります。もちろん、番組内容がよいかどうかは別ですが、去年までは40周年に向けて力を溜めていたんじゃないかというぐらい。そして、これが長続きするか心配になるぐらい。

とはいえ、radikoの実験が始まっていますし、秋から本放送がスタートできればラジオ業界も復活して、TOKYO FMも盛り返すかもしれませんし、もしくは別の激流に押し流されるかもしれません(radikoを全国で聴けるようにしろという人々の声の激流)。

個人的には、TOKYO FMが親玉のJFNという仕組みがあまり好きではなく、朝の番組を聞いていてもその番組の作りにくさが伝わってきます。

例えば、朝6時〜8時30分はTOKYO FMでは一つの番組「クロノス」ですが、地方によっては7時台と8時台の前半にTOKYO FMのクロノスの人が出てきて、7時台後半と8時台後半には別のペア(JFNのOH HAPPY MORNING)が出てくる。

それぞれ全国ネット部分は大切なスポンサーが付いているので、ネットしなくてはならないのでしょうけど、番組の流れが断ち切られるので、地方局も番組を作りづらそうだし、送り出す東京側もネットでない時間に話していた話題をそのまま話せない。

関東の他の局は基本的に自社でしか放送されない番組なのでそういう縛りがなく、そこがTOKYO FMの弱さにも思えます。

もっとも、こういう複雑なタイムテーブルなのは朝だけなんですけどね。

SANYO ICレコーダー ICR-XRS120MF(S) SANYO ICレコーダー ICR-XRS120MF(S)

販売元:三洋電機
発売日:2010/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

radikoが便利すぎて、↑のようなアナログラジオを出してきてもよいのかーという気はしてきます。もちろんNHKなどはこの実験には参加していないのでまだ必要な商品ですが、いずれradikoなどのネットラジオに対応したポータブルラジオやラジオレコーダーが出ると売れそう・・・な気もします。

というか、ラジオのオンデマンド配信でもしてくれれば、録音の必要なんてないのさ・・・とは思いますが。

| | コメント (0)

2010年3月22日 (月)

日本の人口の半分がradikoを聞けるという現実(5350)

radiko開始から1週間。一通りの番組がradikoで配信されたことになります。 FMケイタイがスポンサーの民放FMキャンペーン番組もradikoで放送されるというのが、なかなか。肝心のFMケータイ対応の携帯をauはほとんど出してない。

AQUOS SHOT SH006 by SHARP ※新品未使用 AQUOS SHOT SH006 by SHARP ※新品未使用
販売元:ショッピングフィード
ショッピングフィードで詳細を確認する

↑などはたぶん久々なんじゃないかと。

auの携帯電話で共通に使っている基本ソフトの事情もあったり、小型化・低価格化のためにチューナー部品を削ったり。さらには、Bluetoothが標準的に搭載されるようになって、イヤホンコードをアンテナとして使うことが難しい状況ができたり。あまりFMケータイにとっては良くない状況。

デジタルラジオも実験はしていますが、MediaFLOとか新しいメディアへ移行しようという考えがあるので、どの局も積極的ではないし、実質的に東京タワーが見通せるような都心でないと受信もままならない。

Handbook of Mobile Broadcasting: DVB-H, DMB, ISDB-T, and Mediaflo (Internet and Communications) Handbook of Mobile Broadcasting: DVB-H, DMB, ISDB-T, and Mediaflo (Internet and Communications)

販売元:Auerbach Pub
Amazon.co.jpで詳細を確認する

その結果・・・というわけではないですが、既存のラジオはインターネットに活路を見いだしたところ。これまた、携帯端末では現状聞けません。実験なので、将来的に対応する可能性は残っていますが、PC的なスマートフォンはともかく、携帯電話の方がそう簡単ではないらしいです。

auのように通信量そのものに制限があるキャリアもあり、つまりは回線が無駄に混雑するからです。なので、聞ける場所ではFM電波で、それ以外はネット回線でと自動的に切り替わる仕組みでもできない限りは難しいかも(それだとギリギリの場所はどうなるんだという問題もありますし)。

- - -

「radikoを全国で聞けないのはおかしい」というのはモンスター的と書きましたが、実際のところは、6000万人近くがエリア内にいる計算になります(判定が完璧である前提ですが)。

つまり、人口の約半分がサービスを受けられる。実験としては十分ですし、普段聞けるはずのリスナー(放送が対象としている人)が聞けるようになることが目的で、「普段聞けないリスナーが聞けるようになるとどうなるか」も価値があることだけど、まずはエリア内。

地域制限の"大義名分"とか"建前"は「難聴取対策」と言われていますが、ニュアンスを考えると「難聴取リスナーは実際はごく少数で、本心は地方のリスナーを閉め出したいだけだ・・・」と思っている人もいるかもしれません。しかし「地方のリスナーを閉め出したい」ということは考えているはずもなく「もともと聞けない地方のリスナーのことは考えない」が正確な表現かもしれません。"難"聴取というのも地理的なものでなく、多少聞きにくい=音質が悪いだけでラジオから離れた人も含むので、実際は相当数いると思われます。

ラジオ局は公共サービスなのに、なんて悪い考えだ・・・とは、自分は思わないのです。電波でも聞けない局が聞けないうちは特別怒りません。インターネットというものでそれが可能になっているからといって、可能であることとは別の話ですから(自分でエリア内にパソコンを置いたりして、それを自分だけに配信して聞くのは全くもって自由だとは思います)。

民放ラジオは101社ありますが、人口の半分を占めている今回のradikoエリアにはたった21局のラジオ局、残り80社が残りの人口に向けて放送している。なんとなく歪で、都市部と地方で資金力に差が出てしまう。

もちろん、関東のように平地ばかりでなく山が多いことも関係しますが、法律(というより契約)によってある程度営業地域を府県境で保護しているからこそ成り立っているだけで、radikoを全国展開するとなるとそれが取り払われ、経営が厳しくなるラジオ局もありそうです。

いずれ、合併とか経営統合はある程度必要かもしれません。「地域情報を発信するためには各県に1つは必要だ!」とラジオ局は反論するのかもしれませんが、FM局にはニュースと天気予報以外、ほとんど東京発の番組ばかり流しているところもあるわけで、そんな"建前"より、本当に必要な地域情報を流しているのかを考えて欲しい・・・と思います。

地域メディアが地域を変える 地域メディアが地域を変える

著者:河井 孝仁,遊橋 裕泰
販売元:日本経済評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

FMは平地では飛びやすいですが、山がちな日本で山を越えるのは無理。県域なんていう経済圏でもない非現実的な枠にこだわらず、コミュニティ放送が、ラジオごっこから本格的な放送に昇華させた方が、自分はいいなあと思うんですけどね(J-WAVE垂れ流し・・・というコミュニティ局も少なくはないですが)。

| | コメント (0)

2010年2月14日 (日)

ラジオはどうなる。(4919)

今日も21kWh。昼間の気温は7℃。昨日より全然暖かい晴れ間、幸せ。

大手民放ラジオ13社、ネット同時放送解禁へ[日経ビジネス] ということで。
まずは第一歩なのではないかと。日本のラジオが復調するといいなと思います。

自分自身が元ラジオ少年なので、遙か遠くの局を雑音の中聞き取るのは楽しみでした。が、今はデジタルの時代。クリアな音になれちゃった若い人たちは、AMの音は「古くさい」。「電波障害」が多い都市部では、雑音が入る=聞けない、となってしまう。それが、ラジオが聞かれなくなったはじまりかなと。

1,2,3で選べるテレビと違って周波数(954kHzみたいな)もハードルかも(TBSテレビの6chも183.25MHzだけどそれは意識する必要はないわけで)。

- - -

iPhone向けにはアメリカCBS系列FM/AM局の放送が聴けるアプリが配信されていますが、ブラウザで聞くだけでなく、いずれ日本も全局参加で全世界に配信するようになるかも。

 CBS Radio CBS Radio
販売元: iTunes Store(Japan)
iTunes Store(Japan)で詳細を確認する

このCBSラジオも、アメリカ人ではないのでどこを聞いたらよいか分からないぐらいに局数が多い。たぶん、地元の人であれば地元局だろうし、故郷だったり、NYやLAなど都会の局を聞くのかも・・・。

時々、朝の番組なんて聞いてみたいなと思いますが、現地の朝はこちらの夜。どうにも妙な感じ。

結局、無難に専門局、特にクラシック方面を聞きます。クラシック専門局といえば、TBSが運営しているOTTAVA。パソコンでもiPhoneでも対応。クラシック音楽に詳しくはないですが、面白い。そんな楽しみを見つけられるのがラジオなのかなと。

 OTTAVA - New Style Radio by TBS OTTAVA - New Style Radio by TBS
販売元: iTunes Store(Japan)
iTunes Store(Japan)で詳細を確認する

番組内容次第で選ばれるようになるわけですが、日本での民放101局、リスナーはどんなラジオ局を選ぶでしょうか。

| | コメント (0)

2010年2月 2日 (火)

今日はいい日になるでしょう(4704)

雪積もっちゃいました。寒いなぁ。とりあえず暖房を付けたりしてみてますが、2LDKを完全に持てあましているのは確か。こりゃ、引っ越さないといけない。

詳解 Objective-C 2.0 詳解 Objective-C 2.0

著者:荻原 剛志
販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

iPhoneアプリ。いっぱいあるけど、自分の欲しいアプリはない!と思ったことがあるならば、自分で作っちゃえーと。そんな風に最近思ってます。あまり有料アプリをーということはありませんが、必要とあらば・・・。

花粉アプリも出てます。語弊がありますね。花粉飛散量を表示するアプリ。これからの季節は必携ってやつでしょう。

001_o_

花粉レーダーという名前のように、レーダーっぽい表示ですが、もちろんiPhoneには花粉センサーはないので、配信されている予測情報を表示するようです。

ただ花粉症患者としては、最盛期の予測は毎日「多い」になってしまうので、あまり見なくなっちゃうのも事実で。逆に、環境省のはなこさんなどその日に実際に飛んだ量(実測値)を見ることが日課です。

「あー、やっぱり飛んでたんだー!」とか。

もちろん、観測地点のすぐそばに住んでいるわけではないので、近隣のデータを見ても、風や雨で全く状況が違う場合もあるものですが、その点、ウェザーニュースのポールンロボなどは極近くのデータが見られておもしろいなと思うわけです。

| | コメント (0)

2010年1月23日 (土)

ポケットラジオもスタンド(4553)

今日は15kWh。もっと抑えなければ。

iPhone,iPodをもっと使いやすく、もっと便利に【メール便OK】【IDEA LABEL】iStand iPhone,iPodをもっと使いやすく、もっと便利に【メール便OK】【IDEA LABEL】iStand

販売元:Rinto
楽天市場で詳細を確認する

カラフルなiPod/iPhone用スタンド。ちょっと立てておきたいというときに使える。
吸盤がつく表面ならば携帯電話でも使えるもの。
うちのiPhoneは・・・傷があるなぁ。使えるんだろうか・・・。

Panasonic RF-P70-S ポケットラジオ (シルバー) Panasonic RF-P70-S ポケットラジオ (シルバー)

販売元:パナソニック
発売日:2000/11/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なかなかポケットラジオなどは自立させるのは難しいので、こういうものでもスタンドがあると聞いている人の方を向けられるので便利(このラジオの裏面がどうなっているかはわからないので、保証はできませんが・・・)。

| | コメント (0)

2009年8月 4日 (火)

深夜ラジオ。

ラジオ深夜便年鑑(2008) ラジオ深夜便年鑑(2008)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

最近は、11時ぐらいにはかなり眠くなってしまうので、深夜のラジオを聞くことができないんですが、聞くとすればNHKのラジオ深夜便。30代にしては渋い・・・と思いきや、結構多いらしい。

民放局がより若い人たち向けで、聞いてみると面白いんだけど「眠れない」。深夜便の場合「眠くなったら寝てね」とアナウンスがあるくらいに、眠りを妨げないようになっているのがよいところ。

- - -

今週、NHK-FMの23時台は、名物番組「クロスオーバーイレブン」をやっている。「クロス・・・・・・・・・・オーバー・・・イレブン↓」と低音で耳に迫る。

普段は日替わりの番組。昔のミュージックスクエアやジョイフルポップのようなアーティスト番組で、これも一定の人気がありそうです。そんな感じでNHKは深夜帯が元気。6時間の生番組を放送しているけれど、民放局では録音番組になったり、一部地方では放送休止時間帯が延びたりしている。不況の現れでもあるし、テレビが24時間放送をしていることもあって、若者の聴取者は減っているわけで。

元気のないラジオです。

| | コメント (0)